【東京ハイジャンプ予想】再び絶対王者に挑むためにも負けられないメイショウダッサイ/JRAレース展望

【東京ハイジャンプ予想】再び絶対王者に挑むためにも負けられないメイショウダッサイ/JRAレース展望

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/10/18
No image

東京ハイジャンプに出走のメイショウダッサイ(撮影:下野雄規)

暮れの中山大障害へと向かう上で重要なステップレース。かつてはオジュウチョウサンが2連覇を成し遂げ、昨年は勝ったシングンマイケルがその勢いそのままに暮れの大一番を制している。ダートコースのさらに内側に設けられた障害コースを使用するが、広い東京競馬場だけに小回り感はまったくない。2角のポケットからスタートして3つの連続障害と、スタンド前に設けられた2つの大いけ垣と大竹柵含む4つの連続障害。これらを含む13のハードルをリズムよくクリアする障害センスに加えて、最後の障害を超えてからゴールまでの400m弱の直線コースに適応できる平地の脚も求められる難コースだ。

春の中山グランドジャンプ以来となる◎メイショウダッサイは、昨年の当レース2着馬。当時、勝ったシングンマイケルとは同タイムクビ差の接戦で、極悪の馬場状態で行われた春のグランドジャンプも差が開きやすい条件だったとはいえ、3着以下には大差をつけた。障害初勝利を挙げてからは11戦して5勝2着4回3着2回。すべて馬券の対象となっており、現役屈指の実力馬だ。本当の目標はまだ先だろうが、オジュウチョウサンに再度挑戦状を叩きつけるうえでも負けられない1戦だ。

2年1ヶ月のブランクを乗り越えて復活し、京都ハイジャンプを制した○スズカプレストは東京コース克服がカギとなりそうだが、障害に転向して15戦。一度も落馬などがなく、飛越は安定している。少し時計がかかりそうな馬場状態は味方にできそうだし、豊富なキャリアも大きな武器だ。

逆に長い直線コースに向きそうなのは▲セイウンフォーカス。平地時代は逃げ馬だったが、障害に転向してからはスタートで出なくなってしまった。スタートも、障害飛越も上手とはいえないが、豊富なスタミナを武器に末脚は切れる。東京コースは2度目で、最初の1回は直線ダートだったが、豪快に追い込んで2着。芝の方が良いはずで、自分の競馬に徹する馬は、はまれば怖い。

△ネプチュナイトは今回が4戦目とジャンパーとしてのキャリアは浅いが、骨折で9ヶ月半ぶりの実戦となった清秋ジャンプSで3着。このレースが格上げ初戦だったことを考えれば、素質は相当なものがありそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加