2023年大河ドラマの主役・徳川家康 130社ほどある東照宮で秀吉と信長と共に祀られる社はどこ?

2023年大河ドラマの主役・徳川家康 130社ほどある東照宮で秀吉と信長と共に祀られる社はどこ?

  • AERA dot.
  • 更新日:2022/05/14
No image

日光東照宮

毎年5月17・18日は東照宮の総本宮とされる日光東照宮の例大祭が行われてきたが、今年も残念ながら「百物揃千人武者行列」も「流鏑馬」も中止となってしまった。

これは久能山から日光山へ家康が改葬された時の行列を再現したもので、東照宮の行事の中でも最も盛大なものである。日本全国、神社仏閣の祭事はいまだ元にもどらないものも多いが、令和4年は運気の高まる寅年。中でも五黄の寅年の今年、お祭りなどは暗さを吹き飛ばして復活してほしいと切に願う。

●寅年寅の日寅の刻生まれの家康

さて寅年は、徳川家康にとっても意味のある年である。これは家康が生まれたのが寅年寅の日寅の刻と言われ、寅は家康の象徴として扱われているからだ。現在の暦を使うとかなり誤差が出るのだが、江戸初期まで使用されていた宣明暦は、以前の稿でもご紹介したように800年以上修正されることなく使用されてきたものだけに、不正確な部分もあるだろう。ましてや時刻に関しては、現在のような固定ではなかったのだから(日の出日の入り時刻に左右される)、当時の資料によるしかない。

●薬師如来と徳川家康

改めて紹介しておくまでもないだろうが、日本全国にある「東照宮」は、徳川家康を神として祀った神社である。当時は約500社、現在でも130社ほどの東照宮が残っている。東照宮の名の由縁は、徳川家康が得た「東照大権現」という神号からのものであり、「東に照る如来(東方薬師瑠璃光)が権(か)りに現れた神」という薬師如来(正式名は薬師瑠璃光如来)からきた名である。ちなみに家康は薬師如来の申し子とも言われている。

●寅の守護神の化身?

これは父(松平広忠)と母(於大/伝通院)が、子授けを薬師如来を本尊とする鳳来寺に祈願したところ、無事、家康を授かったことから、以後薬師如来を大事にしてきたという。鳳来寺には、薬師如来の脇仏である十二神将(子から亥までの十二支を守護する夜叉)のうち、寅の守護神・真達羅大将が家康の誕生とともに姿を消し、家康の死去とともにいつのまにか戻っていたとの不思議な逸話も伝わっている。これらの話を聞いた三代将軍・徳川家光は、鳳来寺に新たな東照宮を建立している。

●日光東照宮と久能山東照宮の関係は

全国にある東照宮を簡単にご紹介しておこう。先に紹介した日光の東照宮は、徳川家康の霊廟としてまた江戸城の北辰守護として、二代将軍・徳川秀忠と参謀・天海によって建立された。祭神には家康のほか、豊臣秀吉と源頼朝が祀られている。

久能山東照宮(静岡県)は、家康が死去した後に埋葬された場所である。埋葬から1年後に日光の東照宮へと改葬された。ただし、近年の研究では家康の亡きがらはこの地に残されたままだったのではないかともされている。家康は死してなお、徳川幕府安泰のために働いていたのではないかと考えられているのだ。こちらには相殿として秀吉と織田信長が祀られている。日光山も久能山も、飛鳥・奈良時代にまで遡ることのできるお寺がすでに開かれており、戦国武将などの厚い帰依も受けていた土地である。

●東京には2つの東照宮

芝の東照宮は増上寺(徳川家菩提寺)に由縁するもので、60歳を迎えた徳川家康寿像がご神体となっている。上野の東照宮は、現在寛永寺と隣接していることから関係があるようにも見えるが、家康の側近であった藤堂高虎が自らの屋敷に家康を祀り創建した社である。上記の四社が四大東照宮と呼ばれることは多いが、家康以外に相殿として祀られている祭神はまちまちである。

●有名どころの全国の東照宮は

このほか、天海が川越に建立した仙波東照宮、水戸藩の祖で家康の子・頼房が建立した水戸東照宮、家光が父の生誕地にと建立した滝山東照宮、尾張初代藩主徳川義直が父の三回忌に建立した名古屋東照宮、徳川頼宣(家康10男)が紀州藩主となるとすぐに紀州東照宮が造られた。天海と対立していた宰相・金地院に関係した金地院東照宮などもあり、東照宮の建立は次第に徳川家に対する忠誠心を試されるものとして利用されはじめていたのかもしれない。

それでも、日光東照宮に代表されるように絢爛豪華な社殿は全国でも比類なく美しく、多くの東照宮は訪れる人たちの歓心を得る。また、家康の立身出世や緻密な仕事ぶりにあやかりたいと祈願に訪れる人も多い。

来年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で、久しぶりに主人公として登場する家康の人生は75年と当時としても長生きであるが、没した後も神として大きな力を持ち続けていたといえよう。本当のカリスマは死んだ後に力を発揮できるかどうかでわかるのではないだろうか。寅年生まれが強運という神話は、家康ひとりによるところが大きいような気がする。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)

鈴子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加