アーセナルがブライトンMFモイセス・カイセドなどを巡ってチェルシーと獲得競争か

アーセナルがブライトンMFモイセス・カイセドなどを巡ってチェルシーと獲得競争か

  • ゲキサカ
  • 更新日:2023/01/25

アーセナルがブライトンMFモイセス・カイセドなど複数選手を巡り、チェルシーと獲得競争を繰り広げる可能性があるようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。

同メディアによると、カイセドはチェルシー移籍を希望していたが、ブライトン側が売却の意思を持っていないため、今月中の交渉成立は困難だという。

一方、アーセナルはウエスト・ハムMFデクラン・ライスをトップターゲットの1人としつつ、来季に向けて他のMFの補強も画策。その候補にカイセドやエバートンMFアマドゥ・オナナが入っているとみられる。

そうした中、カイセドへの5500万ポンド(約88億円)を超える2度の入札をブライトンに拒否されたチェルシーも、オナナに関心を寄せている模様。移籍市場を舞台に“ビッグロンドン・ダービー”が展開されることになるのだろうか。
●プレミアリーグ2022-23特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加