岸田首相 「旧統一教会との関係点検」を指示 内閣改造で全閣僚に

岸田首相 「旧統一教会との関係点検」を指示 内閣改造で全閣僚に

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/08/07
No image

岸田首相は、10日に行う方針の内閣改造で任命する閣僚に対し、旧統一教会との関係を明らかにするよう指示する考えを表明した。

岸田首相「新たに指名する閣僚だけでなく、現閣僚も含めて、当該団体との関係をしっかりそれぞれ点検してもらい、その結果を明らかにしてもらう。そのうえで適正な形に見直すことを指示したい」

広島市での会見で岸田首相は、旧統一教会について、「私個人は関係ない」と述べた。

また、内閣改造と自民党役員人事を「来週にも行いたい」と明言し、台湾情勢や安倍元首相の国葬などを挙げ、「様々な課題を考えると、新しい体制を早くスタートさせたい」と説明した。

人事をめぐっては、茂木幹事長が留任の方向となっているほか、参院議員としての任期が満了となった2人の閣僚は、交代が有力となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加