【エプソムC】武藤JRA重賞初Vへ父・善則師が後押し!厩舎の看板馬アトミックフォース

【エプソムC】武藤JRA重賞初Vへ父・善則師が後押し!厩舎の看板馬アトミックフォース

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/17
No image

重賞初制覇を狙う武藤

「エプソムC・G3」(13日、東京)

一念発起で重賞初Vに挑む。デビューした17年に同期最多の24勝をマーク。好発進を決めた武藤雅騎手(23)=美浦・水野=だったが、5年目を迎えた現在、地方での1勝(19年関東オークス)こそあるが、まだJRA重賞には手が届いていない。「そろそろ頑張りたいですね。(周囲から)何度も言われていますし、何とかやります」と気合の表情だ。

今回コンビを組むアトミックフォースは、父・武藤師が管理する厩舎の看板馬。トレーナーは「昨年と同じ舞台でチャンスをもらえているんでね。敗因がないレースをしてほしい。きっちり乗らないと重賞は勝てない。馬の力を出し切ってほしいです」と期待する。

20年の新潟大賞典で2着。そして20年のこのレースと、2走前のダービー卿CTでも小差の5着に健闘している。「馬はすごいしっかりしてきているし、重賞でもやれる力はあります。あとは展開ひとつ」と力を込める。

21年は2月の調教中に右肩を骨折。1カ月ほどの休養を余儀なくされた。出遅れた分を取り戻すべく挑む、逆襲の夏-。父のバックアップも力に、タイトル奪取で大きく羽ばたいてみせる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加