【POG】2歳戦独断評価 センスが光ったアヴァノス、今後も楽しみ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/22

2歳新馬戦が前週末、中山、中京の2競馬場で計8レース行われた。13日の中山5R・芝1600mはアヴァノス(牡、父ダイワメジャー、美浦・和田郎)が好位に付け、直線抜け出して快勝した。

一本調子な子の多いダイワメジャー産駒らしからぬ、センスあふれる勝ちっぷりだ。スタート直後の中団追走から、行きっぷり良く好位集団の直後に付け、そこからしっかりと我慢。直線で外に出すと残り1Fからグイグイと前に迫り、前残りの流れを2番手で運んだ2着馬をゴール前でとらえた。上がり3Fはメンバー最速。ラスト1Fは11秒6の切れ脚。鞍上の丸山は「攻め馬の動きは良かったし、能力を感じていた。ただ体がまだ緩かったので、(除外で)2週延びたのも良かったかな。追ってからもしっかりしていたし、距離もこれぐらいがいい。馬込みをさばけたのは大きいね」とレース内容に合格点。体ができてくれば今後も楽しみだ。(レース評価B、将来性★★★★)

先週の新馬戦勝ち馬評価一覧

サトノルーチェ (牝、父ディープインパクト、栗東・吉村)

土曜中京4R・芝1600m、幸「調教からいい感触で、感触通り走る馬でしたね。これからが楽しみな馬です」、吉村師「期待通り」(B、★★★★)

ポールネイロン(牝、父オルフェーヴル、栗東・矢作)

土曜中京5R・芝1400m、藤岡佑「強かったですね。調教からセンスのいい走りで乗り味が良かったですし、期待以上の内容でいいスピードを見せてくれました。逃げる形になりましたが、これからどういう競馬をしてくれるか楽しみです」(B、★★★★)

マーサーアン(牡、父ルーラーシップ、美浦・大和田)

土曜中山5R・芝2000m、和田竜「跳びの大きな馬だから前めで運ぼうと思っていた。フラフラする面はあったけど、最後は集中してくれたね」、大和田師「気性の激しい馬だし、一度放牧に出します。次は秋の東京開催の後半かな」(C、★★★)

ジェセニア(牝、父サウスヴィグラス、美浦・伊藤圭)

土曜中山4R・ダート1200m、三浦「調教でどうかなと思っていたし、返し馬も頼りなさがあったが、それでも勝つのだから大したもの。成長の余地は十分ある」(C、★★)

テリオスルイ(牡、父ジャングルポケット、栗東・松下)

日曜中京5R・芝2000m、菱田「最終追い切りにも乗せてもらったんですけど、前進気勢のある馬で、道中はリラックスさせることを心掛けました。ゲートは出なかったですが、かえって馬の後ろでリラックスして走らせられましたね。追ってからの反応もいいし、ラストもよく走れてました。パワーもありますし、こういう馬場も良かったのだと思います。何より、道中リラックスして走れたのが良かったですね」(B、★★★)

ティアップリオン(牡、父リオンディーズ、美浦・奥平)

日曜中山3R・ダート1800m、内田博「追い切りの動きは良かったけど、走ってみないとどうかなと思っていた、無理せずにリズム良く走らせた。最後は並んでからしぶとかったね。タフなレースになったけど、いいレース。根性もあるね」(C、★★★)

ケイサンフリーゼ(牝、父リオンディーズ、栗東・杉山晴)

日曜中京4R・ダート1400m、松若「普段はおとなしく、賢い馬です。オンとオフがしっかりしていて、走る時は走ると分かっていますね。調教の感じもすごく良かったですし、実戦でも追い切りの手応え通り走ってくれました。体ができていない中でこれだけ走りました。これからもっと成長すると思います」(C、★★)

先週の主な未勝利勝ち馬

レイニーデイ(牡、父ジャスタウェイ、美浦・矢野)

日曜中京2R・ダート1800m、岩田望「ハナにこだわる必要はなかったのですが、ゲートが良かったし、無理に下げることはせずに主張していきました。突かれる形でもしっかり反応していたし、ゴーサインを出せば出すだけ伸びてくれました。タイムも速く、先々が楽しみですね」(B、★★★)

(レースはS、A、B、C、D、将来性は★による5段階評価)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加