旭川明成・佐藤まりんが2冠、大ケガ乗り越え結果残す 北北海道女子回転

旭川明成・佐藤まりんが2冠、大ケガ乗り越え結果残す 北北海道女子回転

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

北北海道の女子回転で優勝した佐藤(撮影・永野高輔)

<全道高校スキー>◇アルペン男女回転◇14日◇小樽・朝里川温泉スキー場

北北海道女子回転は佐藤まりん(旭川明成3年)が1分44秒7の南北全体トップで優勝し、北の大回転との2冠を達成した。高校進学直前の冬に右膝前十字靱帯(じんたい)、高校2年冬には左膝の同じ靱帯を断裂。大ケガを乗り越え高校最終年にしっかり結果を残した。スキーは高校で引退し卒業後は専門学校に進み、まつげなどの施術を行うアイリストを目指す。全国大会に向け「最後は楽しかったと言えるようなレースをしたい」と思い描いた。

◆南北海道女子回転初優勝の山田悠可(東海大札幌2年) 南北北海道の全体では4位なので、まだまだ力不足。全国では、まず入賞を目指したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加