俳優の佐久間由衣 役に共感し、自分見つめ直す 「君は永遠にそいつらより若い」で主演

俳優の佐久間由衣 役に共感し、自分見つめ直す 「君は永遠にそいつらより若い」で主演

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2021/09/15

テレビドラマ、舞台と幅広く活躍する俳優の佐久間由衣が、「君は永遠にそいつらより若い」(17日からテアトル梅田などで公開中)で主演を務めている。

No image

「君は永遠にそいつらより若い」で主演する佐久間由衣=大阪市内

佐久間が演じる堀貝は、周囲から変わり者と思われている女子大生。バイトと学校、下宿を行き来するだけの生活を送る。児童福祉職への就職が決まった日、影のある年下の女性・猪乃木と出会ったことで、単純な毎日が変わり始める。

原作は芥川賞作家・津村記久子のデビュー作。児童虐待など社会問題が盛り込まれている。

「人に対し競争心を持てない堀貝。私も、誰かに勝ちたいという思いが持てなくて悩んだことがあり、共感できた」

吉野竜平監督からは「ありのままでいい」とアドバイスされ、楽に役に入れたと話す。「人生に迷う堀貝は今の私と同じ。撮影は自分を見つめ直す時間になった」と振り返る。

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)で、ヒロインの親友役を演じて脚光を浴びた。昨年末から1月にかけて舞台「てにあまる」(柄本明演出)で熱演。着実に成長を遂げている。「役が自分に向いているかを考えるより、与えられた仕事を頑張りたい」(津谷治英)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加