西武の4年目・綱島が1軍デビュー 初打席は3球三振で「一瞬で終わってしまった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ メットライフD(2021年4月6日 西武2―13楽天)

入団4年目の西武・綱島が1軍デビューを果たした。

7回の守備から途中出場。「守備の方が緊張した」と言いながら二塁手として軽快に打球をさばくと、初打席は9回1死で回ってきた。しかし150キロ直球に3球三振。「西口投手とはファームでも対戦したことがあった。気持ちは楽に打席に入れたけど、一瞬で終わってしまった」と振り返った。

「3球で終わったのが一番の反省点。もっと粘らなければいけなかった」と綱島。新潟出身で、糸魚川白嶺から17年ドラフト6位で入団した21歳は、プロ初安打へ向けて「明日は初球から振っていける準備をしっかりして、積極的な打撃をしていく」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加