巨人快勝!中田プロ初犠打後に特大弾で雄たけび 戸郷が両リーグトップ5勝目

巨人快勝!中田プロ初犠打後に特大弾で雄たけび 戸郷が両リーグトップ5勝目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

勝利に貢献し、原監督(左奥)とハイタッチする中田(撮影・伊藤笙子)

「巨人5-2中日」(13日、東京ドーム)

巨人が競り勝ち、4月27日以来の連勝を決めた。ポランコが決勝の適時打を含む4打数4安打1打点の活躍。中田はプロ初の犠打を決めた後、特大の3号2ランを放ち、勝利に貢献した。先発・戸郷は7回2失点で両リーグトップの5勝目となった。

打線は初回に丸の先頭打者弾で先制に成功。同点とされた四回には中田がプロ15年目、プロ通算6245打席目で初犠打を決め1死二、三塁の好機を作り、大城の二ゴロの間に、三走が生還して勝ち越した。

再び同点に追いつかれた後の七回2死一、二塁ではポランコが左前適時打を放ち、これが決勝点となった。八回には中田が打った瞬間にそれと分かる一発を放った。

ポランコは4打数4安打の活躍。相手先発・大野雄からは3安打を放ち、これで左腕との通算対戦成績は6打数6安打となった。

先発の戸郷は7回5安打2失点、107球の力投を披露。これで今季は7試合に登板して6度目のクオリティースタート(6回以上で自責点3以下)になった。抜群の安定感を誇り、両リーグトップの5勝目となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加