鎌田先制ゴールに最後は三笘がダメ押し弾!! 森保J、ドイツ遠征初戦でアメリカを2-0撃破

鎌田先制ゴールに最後は三笘がダメ押し弾!! 森保J、ドイツ遠征初戦でアメリカを2-0撃破

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/09/24

[9.23 キリンチャレンジ杯 日本 2-0 アメリカ デュッセルドルフ]

日本代表は23日、ドイツ・デュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップでアメリカ代表と対戦し、2-0で勝利した。前半25分、抜群の存在感を発揮していたMF守田英正のラストパスからMF鎌田大地(フランクフルト)が先制ゴールを挙げると、終了間際にMF三笘薫がダメ押しゴール。DF冨安健洋が復帰した最終ラインも安定感を見せ、ドイツ遠征の初戦を白星で飾った。

“ORIGAMI”新ユニフォームのお披露目となった一戦。日本はカタールW杯アジア最終予選の第4戦から採用してきた4-1-4-1ではなく、森保ジャパン発足当初から基本システムとしていた4-2-3-1のフォーメーションで臨んだ。

GKは権田修一が務め、4バックは左からDF中山雄太、冨安、DF吉田麻也、DF酒井宏樹。ダブルボランチはMF遠藤航、MF守田英正が組み、2列目は左からMF久保建英、MF鎌田大地、MF伊東純也の3枚で、1トップはFW前田大然が務めた。[スタメン&布陣]

日本は前半1分、中盤でのポゼッションの乱れからさっそく左サイドを攻め込まれたが、MFルカ・デ・ラ・トーレのクロスは冨安がヘディングでブロック。直後のカウンターでは伊東が右サイドをドリブルでえぐり、カットインから左足でシュートを狙うも、GKマット・ターナーの正面に飛んだ。

前半5分、DFセルジーニョ・デストの前進を遠藤が阻み、中で繋いで鎌田が左に開いたが、カットインからのシュートは阻まれる。同8分には日本にピンチ。中盤でのプレッシングがハマらず、左サイドをデストに抜け出されると、久保が振り切られて上がったクロスにFWヘスス・フェレイラが反応。だが、ヘディングシュートは枠の上に飛び、命拾いした。

そこからは日本が主導権を奪う。前半11分、冨安の縦パスが鎌田に入り、落としを受けた守田が持ち上がると、左に開いた久保にパス。久保はカットインから右足で狙ったが、相手にブロックされた。そして同13分にはここまでで最大のビッグチャンス。久保が相手の縦パスをうまく読んでカットし、素早いパスが鎌田に通る。だが、鎌田のシュートはGKターナーのファインセーブに阻まれた。

前半14分、鎌田の左CKに遠藤が頭で合わせるも、枠を捉えることができない。同16分、吉田が相手プレッシャーの裏を取るパスを酒井に送ると、アーリークロスに前田が反応。合わせることはできなかったが、ビルドアップの成功例となった。同18分、前田の落としを鎌田がつなぎ、伊東がゴール前に抜け出す形をつくるも、ここは潰される。次々にチャンスを得ながらも、決めきれない時間が続いた。

それでも前半24分、日本は伊東のパスカットからショートカウンターを仕掛けると、高い位置を取った守田のトリッキーなパスから、ペナルティエリア内で左に流れた鎌田がフリーになり、ダイレクトシュート。これがネットを揺らした。一度はオフサイドの判定が下されたが、VARの介入によってゴールが認められ、日本が先制点を奪った。

前半29分にはアメリカのクイックなスローインが最終ライン裏を襲うも、右サイドまで詰めた冨安が難なく処理。同32分には右サイド起点のショートカウンターから久保がゴール前でデ・ラ・トーレに倒され、FKを獲得した。キッカーは久保。ゴール右上を狙ったボールは力なく、GKターナーにキャッチされた。その後は拮抗した展開が続き、そのまま前半終了。1-0でハーフタイムを迎えた。

日本はハーフタイムに3枚替え。前半途中に痛むシーンがあった権田のほか、酒井、前田をベンチに下げ、GKシュミット・ダニエル、DF伊藤洋輝、FW町野修斗を投入した。伊藤は左のセンターバックに入り、冨安が右サイドバックへ。町野はそのまま最前線に入った。

後半10分、左サイドで敵陣にプレッシャーをかけた日本は遠藤がパスカットし、右への展開から伊東が強烈なシュート。だが、これもGKターナーに阻まれる。同12分にはやや高い位置にプレスに行ったところを縦パスでひっくり返され、MFウェストン・マッケニーを起点に左サイドを攻め込まれるも、吉田が落ち着いて処理する。

直後のCKではシュミットが長身を活かしたキャッチを見せると、素晴らしいパントキックを右サイドに展開。カウンターにはつながらなかったが、チャンスを掴んだ控えGKが見せ場をつくった。

後半21分、日本は冨安の右タッチラインギリギリへのフィードで陣地を回復し、そこに久保と町野がプレッシャーをかけると、ボールを奪った久保の鋭いパスが鎌田のもとへ。鎌田はリズムを変えたカットインで相手を振り切ったが、右足シュートはGKターナーのビッグセーブに阻まれた。

日本は後半23分、久保と伊東に代わってMF三笘薫とMF堂安律を投入。同25分、シュミットのロングキックからのセカンドボールを拾った堂安が左に展開し、三笘のカットインシュートでさっそく決定機を迎えた。その後も三笘、堂安の両ウイングが次々にゴール前に侵入。勢いのある攻撃を繰り広げていった。

後半36分、拙速な縦パスからボールを奪われると、FWブレンデン・アーロンソンにフリーでゴール前に侵入される大ピンチ。だが、シュートは幸運にも枠を外れ、同点の危機を凌ぎ切る。同38分には三笘の豪快なドリブル突破からカウンター攻撃をスタート。中山のクロスに鎌田が合わせるも、左足ダイレクトシュートは左に外れた。

後半42分、日本は鎌田に代わってMF原口元気を投入。システムを3-4-2-1(5-4-1)に変更し、原口はこれまでの4バックに加えて右のウイングバックに入った。守備的なテストをした日本だったが、同43分、中盤でボールを受けた三笘が単独突破で敵陣に侵入すると、そのまま右足で流し込んでダメ押し弾。最後はアディショナルタイムが取られず、日本が2-0で勝利した。

(取材・文 竹内達也)★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送
6月シリーズに足りなかった存在…“不可欠”証明したMF守田英正「90分通してゲームメークできた」
トップ下で輝いた鎌田大地、先制弾もサラリ「ドイツ、スペインはもっとクオリティがある」
さすがの突破弾も“本番”見据えた三笘薫「どの相手でも通用すると思われるプレーを」
約8か月ぶり復帰の酒井宏樹、前半交代は予定通り「試合前に言われていた」
“逃げ切りオプション”右WB起用の原口元気「0タッチ1キャップはなかなかない(苦笑)」
伊藤洋輝、吉田麻也との初CBコンビに手応え「回数を重ねればもっと良くなる」
久保建英が左サイドでもアピール成功! 守備でも奮闘「僕としては不本意でしたけど…」
三笘との縦関係は盤石…久保とも好連携目指すDF中山雄太「新たな課題が見つかった」
11か月ぶり帰還の冨安健洋、安定感の秘訣は日常にあり「アーセナルでは練習でも成長できる環境が整っている」
中盤のキーマン遠藤航が手応えを感じた「ゲームプランの遂行」と「試合中の対応力」
選手採点

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加