乗ってみたい!西九州の海をめぐるJRの特急列車「ふたつ星4047」が来年秋に運行開始

乗ってみたい!西九州の海をめぐるJRの特急列車「ふたつ星4047」が来年秋に運行開始

  • @DIME
  • 更新日:2021/11/26
No image

「ふたつ星4047」が2022年秋運行開始

コンセプトは「西九州の海めぐり列車」。

JR九州では、2022年秋 西九州新幹線の開業にあわせて、新しいD&S列車がデビュー。日本一の干満差を誇る有明海、波静かで琴の海とも称される大村湾など、景色の異なる西九州の海を巡り、その日その時だけの旅を楽しめる。

特急 「ふたつ星4047」 (ふたつぼし よんまるよんなな)

佐賀県、長崎県という九州の観光における“ふたつの星”を、キハ40、47形の車両で巡りながら、西九州エリアの魅力を感じられる。

コンセプト「西九州の海めぐり列車」

この列車に乗って、沿線に広がる有明海や大村湾の変化に富んだ「海」の“車窓”と「海」がもたらした“地域のおいしいもの”を楽しめる。

また、西九州新幹線と組み合わせて利用することで、“自分だけの自由な旅”を創り上げることができ、その日、その時だけの楽しさが無限大に広がる旅をご提案する。

運行ルート

“ふたつ”の運行ルートで西九州エリアを1周。

【午前発】 武雄温泉 → 長崎 (長崎本線経由)

【午後発】 長崎 → 武雄温泉 (大村線経由)

No image

内陸の「山」を走る西九州新幹線に対して、新D&S列車は、「海」に面したルートを走行。

目的地にあわせてルートをお選びいただくことができ、車窓からは季節や時間によって変化する、ふたつの「海」の表情を楽しんでみては。

※各ルート3時間程度を予定(詳細は検討中)

運行日・本数

土日祝日を中心に運転 各ルート1日1本

運行開始時期

2022年秋 (予定)

その他

車両デザイン、運転時刻、運転日、停車駅、車内サービス概要などについては、詳細が決まりしだい順次お知らせ。

2022年秋からは西九州新幹線「かもめ」、D&S列車「36ぷらす3」、そして「ふたつ星4047」で佐賀・長崎の旅を楽しんでみては。

【参考】同形式の車両を改造したD&S列車「指宿のたまて箱」

No image
No image

構成/ino.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加