春に導入のアルカナはルノーの今後を決める重要な1台! バカッ速の新型A110 SにF1マシンまで登場【東京オートサロン2022】

春に導入のアルカナはルノーの今後を決める重要な1台! バカッ速の新型A110 SにF1マシンまで登場【東京オートサロン2022】

  • WEB CARTOP
  • 更新日:2022/01/15
No image

この記事をまとめると

■東京オートサロン2022にはルノー&アルピーヌブースが出展

■ルノーは春に導入予定のSUVであるアルカナを先行展示

■アルピーヌはA110 SとF1マシンを並べた

ルノーの今後を占う重要な展示!

東京オートサロンに出展したインポートブランドは少ないが、そのなかにルノー&アルピーヌブースがある。展示は、F1マシンを含めて3台で、残る2台は新型のアルピーヌA110S、そしてルノー・アルカナという超重要モデルなのだ。

No image

アルカナはルノーが日本に新規導入する、クーペルックのSUV。これだけ聞けば、いま世界的に流行のSUVを日本に導入するだけ、と思われがちだが、じつはこれ、フルハイブリッドシステムを搭載し、日本ではハイブリッド専用車種として導入されるのだ。

WEB CARTOPではすでにアルカナの試乗インプレッションをお届けしているが、改めてアルカナを見ていこう。

まずボディサイズは4568mm×1821mm×1576mm(欧州仕様値)と、国産SUVでいえば、トヨタC-HRやホンダ・ヴェゼルより少し大きい程度。写真で見ると堂々たる外観からかなり大型なモデルにみえるが、日本で使いやすいサイズである。

No image

注目のパワーユニットは、E-TECH HYBRIDと呼ばれる。ルノーといえば、日産、三菱自動車とアライアンスを組んでいることはご存じのことだろう。たとえばルーテシアやキャプチャーに、全車速追従かつレーンキープなどを行うアクティブクルーズコントロールなどを含んだ運転支援装備の「ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト」を装備しているが、これは日産のプロパイロットの技術が使われているものだ。となると、E-TECH HYBRIDも日産のe-Powerをベースにしたものか、と想像するところだが、これが驚くことにまったく違うシステムなのだ。

No image

E-TECHハイブリッドはエンジンと2つのモーターを協調制御するタイプ。エンジンは69kW/148N・mを発生する1.6リッター直4で、これにメインモーターである36kW/205N・mのEモーターと、15kW/50N・mのHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)を組み合わせる。

No image

このあたりも注目だが、E-TECHマルトモードATというトランスミッションを備えており、これはドッグクラッチを使用したダイレクト感に溢れるものだ。展示されたF1マシンを見ると、E-TECHというロゴが入っており、聞けば2014年からエネルギー回生システムが導入されたルノーF1チーム(2021年からアルピーヌ)とも交流を行い、その技術とノウハウを生かして開発されたものだという。

No image

最初に重要な展示と言ったのは、単にハイブリッドのアルカナを導入するということだけではなく、これを皮切りに、順次E-TECH HYBRID搭載車を日本に導入していくことをルノー・ジャポンが表明しているためだ。すでにお届けした試乗記はもちろん、ルノー関係者からも「ルノーが作るとハイブリッドでもこうなるんだという良い意味での驚きが……」という声を聞くことができている。簡単に言えば走って楽しいハイブリッドだということだ。

ちなみにルノーにおいてE-TECHというのは電動化技術全体を指す言葉だという。時代の流れゆえに間違いなく今後登場してくるであろうバッテリーEVもまた、E-TECHと呼ばれることになる。

新型のA110 Sはサーキットベストな中身!

一方のアルピーヌだが、展示されているのは改良を受けたA110 Sだ。そもそも今回の改良を受けて、A110は、A110/A110 GT/A110 Sという3つのグレード体系となっており、もっともスポーティなグレードがA110 Sである。

アルピーヌによれば、A110はワインディングで真価を発揮するモデル、A110 GTはその名のとおりグランドツーリングを楽しむグレード、そしてA110 Sはクローズドコースでのパフォーマンスを追求したのだという。

No image

A110が252馬力/320N・mであるのに対し、A110 S(GTも)は300馬力/340N・mのエンジンを搭載。0-100km/h加速では4.2秒を記録する。

さらにA110とA110 GTのバネレートに比べて、フロントが25→47N/mm、リヤが60→90N/mmへと引き締められていて、スタビライザーもフロント17→25N/mm、リヤ10→15N/mmに強化されているなど、まさにサーキットスペックだ。

No image

タイヤ銘柄は全グレードでミシュランのパイロットスポーツ4を履くが、サイズはA110とA110 GTがフロント205/40R18・リヤ235/40R18であるのに対し、215/40R18・245/40R18とA110 Sのほうが幅広いサイズになっている。

貴重なE-TECH HYBRIDのカットモデルも拝めるルノー&アルピーヌブース。F1も間近で拝めるので、ぜひ注目してほしい。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

WEB CARTOP

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加