下元史朗、ダブル主演の烏丸せつこに感謝「隣に美しい妻がいたから」

下元史朗、ダブル主演の烏丸せつこに感謝「隣に美しい妻がいたから」

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

俳優・下元史朗(73)、女優・烏丸せつこ(66)が15日、都内で行われたダブル主演映画「なん・なんだ」(山嵜晋平監督)の初日舞台挨拶に登壇した。

約40年連れ添った夫婦を主人公に、残された時間の中で、自分を取り戻そうと懸命に生きる人々を描く。

下元は、「生とか死とか、特に死をよく考えるようになった。これは年齢のせいで仕方がない」と語り、「そういう自分の立場があって、人ごとじゃないような状況で現場に入った」とコメント。「隣に美しい妻(烏丸)がいたからやってこられたけど、撮影中は難しいかなぁと思っていた」と相手役の烏丸に感謝した。

烏丸は観客に向けて、「今ご覧になった方、早く家に帰ってビールでも飲みながら『うーん。こういう事だったんだなぁ』とかいろいろ思っていただけたら」と呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加