ハイセンス、2つの自動清潔機能を備えたルームエアコン

ハイセンス、2つの自動清潔機能を備えたルームエアコン

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/07
No image

ハイセンスジャパンは4月20日に、「解凍洗浄」と「内部クリーン」というダブルクリーンシステムを搭載したルームエアコン「Sシリーズ」を発売する。ラインナップ(カッコ内は室外機型番)と工事費別の推定市場価格は以下の通り。

富士通ゼネラルの新エアコン、陶器のような質感とダブルAIが魅力

・HA-S22D-W(HC-S22D):50,000円前後
冷房:6~9畳、暖房:5~6畳

・HA-S25D-W(HC-S25D):60,000円前後
冷房:7~10畳、暖房:6~8畳

・HA-S28D-W(HC-S28D):70,000円前後
冷房:8~12畳、暖房:8~10畳

・HA-S40D2-W(HC-S40D2):80,000円前後
冷房:11~17畳、暖房:11~14畳

今回のSシリーズは、室内機の清潔機能を備えたエアコン。「解凍洗浄」は、室内機の熱交換器を-19℃に冷やし、周囲の水分を付着、凍らせたあと、一気に溶かす機能。溶けた水で内部の汚れを洗い流す。手入れがしにくい熱交換器の油汚れ、ホコリ、カビ、ニオイなどを洗浄するが、冬季などの湿度が低い条件では効果を発揮できない場合があるとしている。

また、エアコンは除湿運転や冷房運転で内部が湿ることがあるが、そのとき便利なのが内部クリーン運転。エアコンの内部を乾燥させてカビがニオイの発生を抑制する機能だ。なお、フィルターの自動掃除機能は備えていない。

送風に関しては、自動立体気流スイングを搭載。上下左右に連続でスイングし、まんべんなく送風する。大型ファンを採用したことで、回転数を落としても風量の低下が少なく、パワフルかつ静かな運転を実現したとしている。室内機のサイズは幅780×奥行236×高さ282mm。

リモコンでの温度設定は0.5℃単位で調節可能、風量は「パワフル」を含む6段階で設定できる。入/切タイマーは1時間単位。

伊森ちづる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加