GMジャパンが「シボレー・コルベット」の仕様を変更 予防安全装備を強化

GMジャパンが「シボレー・コルベット」の仕様を変更 予防安全装備を強化

  • webCG
  • 更新日:2023/11/21
No image

この記事の画像を見る

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2023年11月21日、高性能スポーツカー「シボレー・コルベット」の一部仕様を変更するとともに、価格を改定し、同日、販売を開始した。

自動緊急ブレーキやレーンキープアシストなどを採用

今回の仕様変更では予防安全システムを強化。新たに以下の装備・機能を追加した。

低速時フロントオートマチックブレーキ(歩行者および自転車対応)

フォワードコリジョンアラーム(前方衝突事前警告機能)

前方車間距離表示機能

レーンキープアシスト(車線内走行アシスト)/レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告機能)

インテリビーム(ヘッドランプハイビーム自動切り替え機能)

またフロントフードオートクロージャーを新たに採用したほか、ドライバーモードセレクターには各種アニメーションを追加。一方で、通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」は廃止となった。

デザインの面では、「3LTクーペ」および「コンバーチブル」のホイールの意匠を変更。全8種類のボディーカラーの設定も見直しており、既存の「エルクハートブルーメタリック」「セラミックマトリックスグレーメタリック」に代えて、新たに「リップタイドブルーメタリック」「シーウルフグレートライコート」を採用した。

ラインナップと価格は以下のとおり。

コルベット2LTクーペ:1420万円

コルベット3LTクーペ:1650万円

コルベット コンバーチブル:1800万円

(webCG)

この記事の画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加