『トップガン マーヴェリック』興収60億円突破!コロナ禍2020年以降で実写映画No.1に

『トップガン マーヴェリック』興収60億円突破!コロナ禍2020年以降で実写映画No.1に

  • シネマカフェ
  • 更新日:2022/06/26
No image

『トップガン マーヴェリック』(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

もっと画像を見る

トム・クルーズ主演『トップガンマーヴェリック』が公開4週目にして週末ランキングNo.1へと返り咲き、累計興収が早くも60億円を突破、コロナ禍・2020年以降に日本で公開された実写映画のNo.1に躍り出たことが分かった。

『トイ・ストーリー4』ウッディ&ボー・ピープ、“友達以上恋人未満”の仲が進展?

迫力のスカイ・アクションシーンと、常識破りの伝説的パイロット・マーヴェリックと若きパイロットたちが繰り広げる“胸熱”なドラマが人気となっている本作。公開からまもなく1か月を迎えようとしているなか、その加速度的な勢いは失速せず、6月22日(水)までの27日目で観客動員:3,879,446人 興収:6,010,845,510円を突破(全国376館833スクリーン ※興行通信社調べ)。

2020年7月公開『今日から俺は!!劇場版』の約53.7億円を超えて、2020年以降(コロナ禍以降)に日本で公開された実写映画のNo.1となった。

公開直前に行われた来日プロモーションでトムが何度も伝えていた、「ファンの皆さんのために作った映画です。この映画と共に素晴らしい夏を過ごしていただきたい」という想いが瞬く間に広がり大ヒットスタートを切ってからも、“胸熱”の極上映画体験に熱狂の声が続出。

「4度目のフライト! 本日は Dolby cinemaで! 来週は字幕4DX行きたいわ」「4DX2Dでトップガンを見たいんですが土曜日の分までほぼ満席」「いつまでも上映してて欲しい 元気の源」とますます沸き続けていることがうかがえる。

No image

全米では歴代興収ランキング20位圏内に入ってきているほか、全世界の興収もトム・クルーズ史上最高記録をすでに更新中、10億ドルの大台もいつ突破してもおかしくない状況となっている。

『トップガン マーヴェリック』は全国にて公開中。

二宮和也主演『TANG』監督・三木孝浩が目指す「大人のファンタジー」とは?

山田裕貴&内田理央『耳をすませば』に出演! 場面写真公開

二宮和也&タング、笑顔のオフショット公開『TANG タング』

text:cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加