上田綺世がJ1首位タイ8点目!鈴木優磨も“蹴り直しPK”含む2発! 決めるべき人が決める首位・鹿島、札幌相手に4ゴール圧勝

上田綺世がJ1首位タイ8点目!鈴木優磨も“蹴り直しPK”含む2発! 決めるべき人が決める首位・鹿島、札幌相手に4ゴール圧勝

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/05/14
No image

[5.14 J1第13節 鹿島 4-1 札幌 カシマ]

J1リーグは14日、第13節を各地で行い、鹿島アントラーズ北海道コンサドーレ札幌を4-1で下した。FW上田綺世が1ゴール、FW鈴木優磨が2ゴールと強力2トップが躍動。前節の大敗を引きずらないゴールラッシュで今節の首位を守った。

ホームの鹿島は前節で広島に0-3の大敗。先発1人を入れ替え、負傷のためU-21日本代表候補合宿を辞退していたMF松村優太に代わってMFディエゴ・ピトゥカが入った。対する札幌は前節の京都戦(○1-0)から2人を入れ替え、DF岡村大八とMF青木亮太に代わってDF宮澤裕樹とFWガブリエル・シャビエルが起用された。

前半1分、札幌はMFルーカス・フェルナンデスが敵陣右サイドでファウルを受けてFKを獲得。これをDF福森晃斗がゴール前に入れるも、味方には惜しくも合わなかった。その後は鹿島の一方的な展開。同5分、MFアルトゥール・カイキのスルーパスを受けたFW上田綺世が切り返しで時間をつくり、FW鈴木優磨の惜しいシュートにつなげた。

すると前半6分、鹿島が早くも試合を動かした。中盤で前を向いたピトゥカが前線にスルーパスを送ると、近くにいたA・カイキではなく、遠目で最終ラインと駆け引きしていた上田にピタリ。上田がそのまま右足を振り抜き、冷静なシュートでネットを揺らした。上田はこれで今季8ゴール目。京都のFWピーター・ウタカに並んで得点ランキングトップタイに立った。

なおも攻める鹿島は前半25分、D・ピトゥカのスルーパスに抜け出したA・カイキがGK菅野孝憲にペナルティエリア内ギリギリで倒され、PKを獲得。キッカーを務めた鈴木のキックは菅野のセーブに遭った。だが、ここでVARが介入。菅野のセーブのこぼれ球をクリアした福森が、鈴木が蹴る前にペナルティーアーク内に入っていたとして、PKは蹴り直しとなった。2度目も鈴木がキッカーを務め、今度は見事に成功。鹿島がリードを2点に広げた。

なおも鹿島は止まらない。前半アディショナルタイム1分、右サイド起用のMF和泉竜司がスルーパスを送ると、これに抜け出したA・カイキが折り返しのラストパスを供給。飛び込んできた鈴木が精度の高いシュートでゴール右隅を射抜いた。鈴木は今季6ゴール目。ウタカ、上田に続く得点ランキング3位に浮上し、得点+アシスト数を10とした。

鹿島の3-0リードでハーフタイムへ。札幌は前半のうちにDF高嶺朋樹が負傷し、岡村に代わっていたが、 後半開始時には宮澤とシャビエルを下げて青木とFWミラン・トゥチッチを投入し、なんとか反撃を試みた。ところが同3分、鹿島は敵陣右サイドでFKを獲得すると、MF樋口雄太のキックにA・カイキが反応。ヘディングシュートを突き刺し、リードは4点に開いた。

鹿島は後半14分、DF関川郁万、上田、樋口の主力3選手を下げ、DFキム・ミンテ、MFファン・アラーノ、MF中村亮太朗を投入。さらに同23分には鈴木に代えてFW染野唯月も入れ、温存策を講じた。すると同24分、札幌はDF菅大輝が左サイドから豪快な右足ミドルシュートを突き刺し、なんとか1点を奪取。その後はMF金子拓郎らを中心に鹿島を押し込んでいった。

ところが札幌はボールポゼッションでこそ相手を上回るものの、ペナルティエリア内で身体を張り続ける鹿島守備陣をなかなか崩せない。後半29分にはMF深井一希に代わってU-21日本代表のFW中島大嘉を投入するが、シュートを打ち切れない形が続いた。同41分には中島のボール奪取から福森が左を抜け出し、金子のパスをトゥチッチが折り返したが、ゴール前に飛び込んだ青木のシュートはまさかの枠外。そのままタイムアップを迎え、鹿島が4-1で圧勝した。

(取材・文 竹内達也)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2022シーズンJリーグ特集ページ

●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加