コメの相場を占う『奇祭・大俵引き』 今年は米価上昇に? 会津坂下町の新春恒例の伝統行事【福島発】

コメの相場を占う『奇祭・大俵引き』 今年は米価上昇に? 会津坂下町の新春恒例の伝統行事【福島発】

  • 福島ニュース 福テレ
  • 更新日:2022/01/14
No image

福島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

福島県会津坂下町で400年以上続く『大俵引き』

直径2.5メートル・重さ5トンの大俵を東西に分かれて引き合い、今年のコメの相場を占う。

東の紅組が勝てば米の値段が上がり、西の白組が勝てば豊作になるとされている。

本来は3回引き合うが、感染リスクを抑えるため今年の勝負は1回限り。

引き子は会津地方に住む人に限定し、人数も例年の半分以下の50人に減らして距離を確保。

参加できなかった人の思いも背負って引き合った結果は…東が勝ってコメの値段が上がるという結果になった。

参加者:「会津坂下町がもっと元気になるように、その願いを込めて頑張りました」

参加した高校生:「コロナで今大変なので、コロナが収束するように。今年の目標は、最後の大会が夏にあるのでそれに向けて頑張っていきたいなと思っています」

2021年は新型コロナの影響で中止されたため、2年ぶりの開催となった大俵引き。訪れた町民は「活気があって良い。開催できることは良いことだと思う」と話す。1月14日、会津坂下町の中心部は活気に包まれていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加