ノムさん南海復帰支援に2388人、ありがとうございました 江本氏「想像超えた」4354万1500円

ノムさん南海復帰支援に2388人、ありがとうございました 江本氏「想像超えた」4354万1500円

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/01/13

南海などで活躍し、昨年2月に84歳で亡くなった野村克也さんの遺品などを大阪・南海なんば駅直結の複合商業施設「なんばパークス」9階の「南海ホークスメモリアルギャラリー」に展示するプロジェクト「おかえり!ノムさん 大阪球場に。」が11日で終了した。クラウドファンディングには2388人が協力し、4354万1500円の支援金が集まった。2月14日にギャラリーのリニューアル記念セレモニーを行う予定。発起人の江本孟紀氏(73)=本紙専属評論家=が12日、お礼のメッセージを寄せた。

正直に言います。50万円でもいい。せめて100万円は超えてくれないかなぁ。そんな思いでプロジェクトの発表会見に臨みました。それが、どうでしょう。4354万1500円。これほどの額になるとは、想像をはるかに超えましたし、これほど大きな反響をいただけるとは思ってもみませんでした。

友人、知人から「参加しましたよ」という声があり、見知らぬ方からも「協力させてもらいました」というありがたい言葉を掛けていただきました。ありがたかった。

「南海の野村」はプロ野球史にさん然と輝く存在です、と訴えてきました。長嶋茂雄さん、王貞治さんに匹敵する実績を残した名プレーヤーの足跡はしっかり残さなければいけない…と言い続けてきました。そんな思いは、われわれが思うよりもはるかに強く、世の中の方々が思っておられたということ。この金額が証明しています。

私は、今や全て消滅した在阪パ・リーグ3球団(南海、阪急、近鉄)への思い入れが強い。郷愁と言いましょうか。今回、協力いただいた中に、同じ思いを共有している方が多かったことも印象的です。古き良きパ・リーグファンは今も健在なんでしょう。

と同時に気になった(笑)のが、阪神ファンの多さでした。「なんで、お前が?」という虎党たちが賛同してくれました。毎年、阪神と南海は開幕直前に定期戦を行い、切磋琢磨した関西の老舗球団同士。そんな思い入れがあったのでしょうか。

野村さんが南海を去った経緯を、いろいろな形で記憶する人もいるでしょうが、今、どれだけの人が覚えていますか。そんな、どうでもいいことよりも「野村さんの足跡を残そう」という思いの強さが勝った。これこそが今回のプロジェクトが順調に進んできた証でしょう。改めて感謝申し上げます。

ここまで野球界に生きてきた者として、ほんの少し恩返しができたのかもしれません。ただ、天国のご本人がどれだけ感謝しておられるか。こればかりは分かりませんが(笑)。(本紙専属評論家)

★支援金使い道は

集まった支援金は、まず当初目標だった2000万円で館内パネルを一新し、野村克也さんの名前を残す。さらにガラスケースを追加し、現役時代に使用した遺品を展示、館内映像の制作に充てられる。3000万円のネクストゴールとしては、ギャラリー外装のリニューアル、館内映像の充実化を行う。さらに4000万円に到達したことで、支援者全員への記念品プレゼントなどに使われる。

★「おかえり!ノムさん 大阪球場に。」プロジェクト

野村さん側は2003年10月、「南海ホークスメモリアルギャラリー」の開設前に南海電鉄から展示を依頼されたが、1977年に兼任監督を解任された経緯があり、辞退していた。ホークスを支えた名選手の展示が一切ない状況を知り、両者の関係修復を考えていた南海OBの江本孟紀氏が発起人として提案し、昨年11月にクラウドファンディング方式によるプロジェクトが立ち上がった。一口3000円から19万円。金額に応じてタオル、記念ボール、レプリカユニホームなどが返礼品として贈られる。

野村 克也(のむら・かつや)

1935(昭和10)年6月29日生まれ。京都府出身。峰山高から54年にテスト生で南海(現ソフトバンク)入団。65年に三冠王。70年に兼任監督となり、73年に優勝。80年に45歳で現役を引退し、通算3017試合で打率・277、2901安打、657本塁打、1988打点。90年にヤクルト監督となり優勝4度、日本一3度。99年から2001年まで阪神監督。社会人のシダックス監督を経て06年から09年まで楽天監督を務めた。監督通算1565勝1563敗76分け。1989年に野球殿堂入り。昨年2月11日、虚血性心不全のため、84歳で死去。現役時代のサイズは175センチ、85キロ。右投げ右打ち。

江本 孟紀(えもと・たけのり)

1947(昭和22)年7月22日生まれ、73歳。高知県土佐山田町(現香美市)出身。高知商高、法大、社会人の熊谷組を経て71年にドラフト外で東映入団。翌72年に南海移籍。野村克也監督と出会い、73年のリーグ優勝に貢献した。76年に阪神移籍。引退する81年までの通算成績は113勝126敗19セーブ、防御率3・52。右投げ右打ち。現役時代のサイズは188センチ、77キロ。引退後はサンケイスポーツ専属評論家として活躍。参議院議員も2期12年務めた。2017年秋の叙勲で野球界最高栄誉の旭日中綬章を受章。

No image

4354万1500円もの支援金が集まったことを伝える画像

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加