日本ハム・伊藤 新人10勝一番乗りならず 8回に追いつかれて白星消滅「試合を支配できなかった」

日本ハム・伊藤 新人10勝一番乗りならず 8回に追いつかれて白星消滅「試合を支配できなかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/09/16

◇パ・リーグ 西武3―3日本ハム(2021年9月15日 メットライフD)

No image

<西・日>5回2死二塁、山川を三振に打ち取りガッツポーズの伊藤

日本ハム・伊藤の両リーグ新人10勝一番乗りはお預けとなった。5回で7安打を浴びながら2失点と粘って勝ち投手の権利を持って降板したが、8回に4番手・井口が同点打を浴びて白星が消滅。本調子ではない中で最低限試合をつくったが、伊藤は「これじゃダメ。求めるものがあるので納得できる内容ではない。試合を支配しきれなかった」と反省点を口にした。

栗山監督も「勝たせてあげたかった。すみません。疲れも少しあると思う」とチーム最多9勝を挙げる右腕をかばった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加