渡辺一平3位で涙、五輪ならず「今も整理できてない」「何が悪かったのか...」

渡辺一平3位で涙、五輪ならず「今も整理できてない」「何が悪かったのか...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

3位に敗れ、優勝インタビューを行う佐藤翔馬(左奥)の前を引き揚げる渡辺一平(撮影・高部洋祐)

「競泳・日本選手権」(7日、東京アクアティクスセンター)

男子200M平泳ぎ決勝が行われ、佐藤翔馬(20)=東京SC=が日本新の2分6秒40で代表に内定した。2位には武良竜也(24)=BWS=が2分7秒58で入り、代表の座をつかんだ。従来の日本記録保持者だった渡辺一平(24)=トヨタ自動車=は2分8秒30の3位で、代表入りを逃した。

渡辺はラスト50Mまで武良と2位を競り合ったものの、最後に競り負けた。

レース後は「自分としては精一杯やったつもり。全ての力を出し切った。この3位と(2分)8秒3というタイムを今も整理できてない。感覚はよかったし、レース運びも自分らしい形だった。自分としてはいろんなことを我慢してここにきたが、佐藤くんと竜也が頑張っていたんだと思う。今も何が悪かったのか僕自身、分かってない」と涙声で、時折、頭を抱えながら振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加