神出鬼没の連続放火魔を現行犯逮捕した執念の突破方法とは?

神出鬼没の連続放火魔を現行犯逮捕した執念の突破方法とは?

  • 日テレTOPICS
  • 更新日:2021/10/14
No image

10月14日(木)日本テレビ系で放送の「THE突破ファイル」では、実際にあった事件を元にした警察官の突破劇を再現ドラマで紹介。

農家の兄弟役をぺこぱのシュウペイ、生見愛瑠が、警察官役をEXITの兼近大樹、木下彩音、ぺこぱの松陰寺太勇、ハナコの岡部大、通信室司令官役をサンドウィッチマンの伊達みきお・副司令官を富澤たけしが、一般人をEXITのりんたろー。が演じた。

とある農家が、新米の出荷を目前に控えていた。

No image

家族は新米を使ったご飯に舌鼓を打ち、一家団らんを楽しんでいた。

No image

「ん〜〜美味しい〜!やっぱ新米は違うね!」

すると外で異変が。庭先で火災が発生!家族は必死にバケツで水を汲み、火を消そうとするが全く歯が立たず。

No image

その頃、警察署では職務質問のシミュレーションを行い、警察官たちに通信室司令官がお手本を見せていた。

No image
No image

すると、そこに火災の通報が!

「現在、突破町3丁目地内において火災発生の110番入電中!直ちに現場へ急行せよ!」

急いで警察官たちは先ほどの火災の現場へと向かう。司令官は「俺たちは火災の原因を探る。兼近たちは住人の話を聞いてくれ」と指示を出し、二手に分かれて捜査を行うことに。

No image
No image

被害者の家族に火災が起きたときの状況を聞くと「家族でご飯を食べていたら、煙の臭いがして、庭を見たら、もう手がつけられないくらい燃えてて…」というが。火災原因になるような火元は何もなかったという。

「これでもう今月10件目だぞ」…この地域一帯では、昨年末から連続不審火が発生しており、その数はなんと70件にも。

No image

実は、放火による出火件数は放火疑いを含め全国で年間4500件以上発生しており、我々の身近に潜む犯罪なのだ。

No image

すると別の警察官が出火元がわかったと報告。「出火元が分かった!庭の倉庫だ。そこから家の壁まで伝っていたそうだ」という。

警察官たちは倉庫を確認しにいくと、そこに一人の不審な男性の姿が。

No image

倉庫の中には藁と出荷予定だった米が入っており、犯人はその藁に火をつけたようだ。

No image
No image

「おまわりさん、俺、悔しいです。家族で一生懸命作ったお米が…必ず犯人捕まえて下さい!お願いします!」という被害者に、「全力を尽くします!」と、警察官たちは放火犯と思われる火災の発生場所を調べることに。

No image

「場所はバラバラ。発生時間も昼夜問わず起きている」

まさに神出鬼没。これだけの放火を繰り返しながら足取りが掴めない犯人の正体とは?その目的とは一体?

放火された場所に何か共通点がないか調べたところ、一連の放火事件の出火元は、ほとんどが藁であることが判明。だがそれ以外の手がかりは一切なし。

そこで警察官は倉庫で見かけた不審な男性の姿を思い出す。

「そういえばさっき現場に怪しい男がいたようような…。身長は170cm後半、キャップに黒のフードを被って、イヤホンをつけていました。マスクをしていたので顔ははっきり見えなかったんすけど、俺と目が合った瞬間、さっと消えてったんすよね」

警察官たちはその証言に沿って捜査を行うことに。だが、放火犯を捕まえるには現行犯か、防犯カメラの映像などの決定的証拠がなければ難しいため、翌日から、近辺のパトロールを徹底的に強化。

パトロールを行っている矢先、またも火災が発生。

No image

さらに別の場所でも。警察官の捜査をあざ笑うかのように次々と火災が発生。

No image

警察官たちが現場に行くが、そこには怪しい男はおらず。「俺の勘違いだったんですかね…あのキャップにフード男、怪しいと思ったんですけどね」

すると、冒頭の火災の被害者である農家の妹もおり、「さっき、この近くでキャップを被った黒フードの怪しい男、見ました!なんかイヤホンして無線機でずっと何かを聞いている感じで…」と話す。

No image
No image

「燃えろ燃えろとか呟いてて、それを警察の皆さんに伝えようと思ってここにきたんです」という。

犯人は、警察や消防の無線を傍受して現場や警察官たちの様子を聞いて楽しむ愉快犯の可能性が浮上した。

そこで警察はのべ3000人の捜査員を投入し、大規模な広域捜査を開始。すると、犯人像に近しい男の姿を発見!

警察官が近づいて事情聴取を行うと「なんですか!?ちょっとイイ感じの古民家だなと思って写真撮ろうと思っただけですって!」とカメラを手に弁明。ボディチェックを行うも、火器類は持っておらず。

No image

と、そのとき別の場所で黒フードを被った男を発見!

「俺と富澤は署に戻って犯人の顔を押さえるためのカメラを取ってから車で現場に向かう!2人は先に向かってくれ!」

警察官が先回りし、男の動向を追うことに。

No image

男は藁の前に立ち、ライターに手をかける。が、住民の存在に気づき逃げていった!

放火犯は現行犯でしか捕まえられないため、このまま犯人を尾行し、警察の動きに気づかれると逮捕することが困難になるため深追いはできない。

No image

「早く捕まえないと、こうしている間にもまた被害が出るかもしれないのに…」

警察官たちはどうすれば現行犯で捕まえられるのか知恵を絞っていた。

No image

「あのキャップに黒フードの男が犯人なのは間違いない!だからといって今、捕まえて事情聴取しても決定的証拠がなくては逮捕ができない…現行犯でアイツを捕まえるには一体どうしたらいいんだ…考えろ…考えろ…ん?そうだ!この方法なら…!」

そこである突破アイデアが!神出鬼没の連続放火魔を現行犯逮捕した驚きの突破方法とは?

No image

それはなんと、藁の中に隠れて犯行の瞬間を待つこと!

この連続放火事件は、ほとんどが藁に火を付けての犯行だったため、警察官は藁の束に隠れて犯行を待ったのだ。

No image
No image

藁に隠れていた警察官たちは、犯人が火をつけようとした瞬間に藁から飛び出し、見事、犯人逮捕に成功!

警察官の執念の突破劇であった!

■最新話無料配信中!放送を見逃した方はTVerで
https://tver.jp/lp/f0045688

■過去放送分をまとめて見たい方はHuluで
https://www.hulu.jp/the-toppa-file

日本テレビ放送網株式会社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加