【MLB】ロイヤルズのペレスが43号弾 三つ巴本塁打争い、さらに熾烈に 「文句なし!」と完璧な一撃に現地公式Twitterも称賛

【MLB】ロイヤルズのペレスが43号弾 三つ巴本塁打争い、さらに熾烈に 「文句なし!」と完璧な一撃に現地公式Twitterも称賛

  • SPREAD
  • 更新日:2021/09/15
No image

大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)、ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)と熾烈な本塁打王争いを繰り広げるカンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレスは14日(日本時間15日)、本拠地カウフマン・スタジアムで行われたオークランド・アスレチックス戦に「3番・捕手」でスタメン出場。トップのゲレーロJr.から2本差、大谷に1本差に迫る43号弾を放つなど5打数2安打4打点の活躍でチームを勝利に導いた。

ロイヤルズは10ー7で2連勝。

◆【実際の映像】本塁打王争いがさらに熾烈に…… ペレスの完璧な一撃にファンも大歓声

■チームを救う逆転3ラン

ペレスは最近5試合で、19打数4安打1本塁打とやや調子を落としていたが、この試合では、2点ビハインドの6回にリリーフとして登板していたユスメイロ・ペティットのボールを捉え、豪快にレフトスタンドに運ぶ逆転3ランをもたらした。

この本塁打にMLB公式Twitterは「43号でロイヤルズがリード」と賛辞を送った。また、ロイヤルズの公式Twitterでは、「文句なしのホームラン!」と完璧なアーチを絶賛した。

これで本塁打王は、ゲレーロJr.が45本、2位の大谷が44本、そしてペレスが43本と、まったく予測がつかない争いとなっている。

◆熾烈、本塁打王争いは44号で横一線 「広角」のゲレーロJr.か「引っ張り」の大谷翔平

◆大谷翔平と熾烈なキング争い…ゲレーロJr.はなぜHRを量産できるのか 打撃の進化をデータ分析

◆ゲレーロJr.にトップの座を奪われた大谷翔平 チームの勢いが個人タイトルの行方にも影響か

文・SPREAD編集部

Was there any doubt? #TogetherRoyal pic.twitter.com/v1oR2iAnpt
— Kansas City Royals (@Royals)
September 15, 2021
from Twitter

SPREAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加