打撃不振の中日・ビシエドが76打席ぶり一発「完璧に捉えることができた」と自画自賛

打撃不振の中日・ビシエドが76打席ぶり一発「完璧に捉えることができた」と自画自賛

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/13
No image

6回に3号ソロを放ったビシエドはベンチで喜びのハイタッチ(東スポWeb)

不振にあえいでいた中日のダヤン・ビシエド内野手(33)が19試合ぶりとなる待望の一発を放った。

13日の巨人戦(東京ドーム)に「6番・一塁」で先発出場。1点ビハインドの6回二死走者なしで相手先発・戸郷のど真ん中の132キロフォークをフルスイングすると、打球は左翼席上段へ突き刺さる同点3号ソロとなった。スタンドインを確信して悠々とダイヤモンドを1周し「完璧に捉えることができた。良いスイングだったよ」と自画自賛した。

実に4月19日のヤクルト戦(バンテリン)以来、76打席ぶりの本塁打。開幕から不動の4番を務めてきたが、不振で11日のヤクルト戦(神宮)で今季初めて6番に降格し、この日も2度目の6番に入り、主砲が意地を見せた格好だ。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加