TWICEメンバー分析 第4回:ミナ、静かに大きな影響をもたらしてきたグループのキーパーソン

TWICEメンバー分析 第4回:ミナ、静かに大きな影響をもたらしてきたグループのキーパーソン

  • Real Sound
  • 更新日:2022/09/23
No image

TWICE ミナ ©︎アフロ

2022年7月、メンバー全員が所属事務所との契約更新を行なったことが発表されたTWICE。2015年のデビュー以来、韓国国内はもちろん日本をはじめ世界中の人々の心を掴み、K-POPシーンを代表するビックグループに成長した彼女たち一人ひとりの魅力を、改めて捉えたい。

(関連:TWICEメンバー分析 第3回:ツウィ、メンバーにもファンにも愛されるピュアな存在感 “末っ子”から“頼もしい”メンバーに

本稿ではミナに焦点を当て、彼女の表現と、近年のTWICEが遂げるグループとしての進化の関係性を中心に考える。

デビューから約7年にわたる歩みのなか、彼女たちの楽曲における音楽性にも変化がみられてきた。2017年にリリースされた1stフルアルバム『Twicetagram』収録曲に象徴されるように、かつては明るくハツラツとした可愛らしい曲調をパブリックイメージとしていたTWICEの楽曲が中心に収録されている。しかし『Eyes wide open』(2020年)『Formula of Love: O+T=

Array

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加