イラストレーター松原光の個展が東京開催。形と色がユーモラスに組み合わさる

イラストレーター松原光の個展が東京開催。形と色がユーモラスに組み合わさる

  • GINZA
  • 更新日:2022/09/22

2022年10月2日(日)まで、代官山にてイラストレーター松原光の個展『if』が開催中。抽象表現に取り組んだ作家の新たなフェーズを見にいこう。

鮮やかな色の上にグラフィカルな線が重なる。そうすると、それまで見えていたのとは違う物の姿が浮かび上がって、難しいことはなにもしていないはずなのに、どうしようもなくおかしくてかわいい。そんなウィットとキュートネスが合わさったイラストを描く松原光氏は、『ポパイ』の音楽特集号の表紙や〈ラコステ〉とのコラボレーションなどで注目され、今もっともヒップなアーティストの一人だろう。

福岡から始まった彼の巡回展が東京でファイナルを迎えるというから、これは行っておきたい。松原氏の作品は、「これ、アレに見える」というように具体的なものを想起させる表現が多かったけれど、今回は、作家がここ数年間模索していたという抽象表現が発表される。色と形の可能性を追求、でもユーモラスなところはそのまま。アイコン的存在にもなっている二つの丸を重ねた目の表現も、丸を増やして増やしてさらに新たなモチーフへ。

No image

さくらんぼなんだけど、輪郭とほっぺでもある。そしてウサギの絶妙な表情とポーズが心憎い!

No image

丸を繋いでいくと、どんな形ができるのだろう。色を変えると、どんなふうに見えるのだろう。そんな実験的なイラスト。

No image

こちらも丸をたくさん使ったシリーズ。

No image

丸さえあれば、カモも描ける。

No image

ウサギも描けるし、にんじんだって。

No image

看板と顔という異質なものが、不思議にうまく共存している。丸が二つ並んだ目は松原氏のトレードマーク。

No image

ふふふ、鳥と、なにが見えるだろう。ちょっとした線の引き方で、ものの見方も見え方もこんなに変わる。

No image

基本的な形をつなげて、線画部分も極シンプルに。それでもこうやって物語が立ち上がって見えるから面白い。

No image

スマイリー!〈ラコステ〉のポロシャツカスタマイズでも活躍した、松原氏らしさが凝縮されたモチーフ。

大学卒業後は25歳までいろいろな職を経験していて、そこから独学でイラストを始めたという松原氏。美術の勉強をしていなかったからこそ、最初から線画などのシンプルな表現へ向かったらしいけれど、シンプルほど難しいのは世の常ではなかろうか。そして、こんなふうにオリジナリティを出すことはもっと難しい。

イラストを始めた時の松原氏は、とにかく自分が好きな既存のスタイルを真似していったそう。そうしてたくさんの基本パターンを学んで、トレースして、鍛えて、それらを組み合わせることでスタイルが作り出されていったのだろう。確かに彼のイラストは、部分だけを見るとなんてことはない図形や線だ。でも、その組み合わせ方、伝えたい感情や感覚が、オリジナルなのだ。そう考えると、やっぱりファッションと似ているなとも思ったり。ブランドからのコラボの誘いが多いのも当然なのかもしれない。

No image

個展『if』では、「もしアレがこうなったら…」「もしアレとアレを組み合わせてみたら…」といういろいろな夢想が絵の中で広げられている。会期中は、〈ラコステ〉のポロシャツカスタムや似顔絵などわくわくなイベントも。イラストの楽しい実験は続く。

黒木許子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加