ゆたぼん 惨敗したボクシングの楽屋で見せていた“意外”な素顔

ゆたぼん 惨敗したボクシングの楽屋で見せていた“意外”な素顔

  • 女性自身
  • 更新日:2023/01/26
No image

【写真あり】格闘技イベント『HEARTS』でリングインするゆたぼん

「今日実際に試合してみて今後もオファーがあれば是非やりたいと思いますし、練習も続けていこうと思います。(ボクシングとYouTubeの比率は)今後は五分五分くらいか、YouTubeは6ぐらいかになると思います。また試合があれば、その時はボクシングに向けて全力でやろうと思います」

1月21日に、東京・新宿FACEで行われたボクシングマッチ「HEARTS」の試合後に、ボクサーとYouTuberとして今後も歩んでいくことを明かしたのは、“少年革命家”のゆたぼん(14)。この日、ボクシング歴約2年の14歳・名倉誠士郎との試合に3-0の判定負けを喫していた。

「対戦相手が発表された時から『どうせ戦うなら自分より強い選手がいい』と言っていたゆたぼんさんは、今回身長差のある相手に果敢に挑みましたが負けてしまいました。しかしゆたぼんさんが、きちんと練習を積んできたことがわかる試合でしたよ」(スポーツ紙記者)

昨年は動画内での「広島は原爆が落ちるまでは平和だった」という発言や、日本一周企画のために487万円もの資金をクラウドファンディングで集めるも、旅の途中でお金が足りなくなり投げ銭による100万円の資金提供を呼び掛けるなどして、炎上することも多かったゆたぼん。そんなゆたぼんだが、会場では“意外”な一面を見せていたようだ。

「試合前の楽屋でゆたぼんさんとすれ違ったときに『こんにちは』と挨拶されました。気持ちのいい挨拶でしたね。ドクターチェックの間などもすれ違う人には会釈をしていました。真面目な少年だという印象をうけました」(会場関係者)

SNSや動画での発言が波紋を呼ぶことも多いゆたぼんだが、“素”は真面目なのかも?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加