大雪のおそれなくなるも 九州北部で“最強寒波”の影響続く

大雪のおそれなくなるも 九州北部で“最強寒波”の影響続く

  • FBS福岡放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

福岡県・佐賀県では25日午前、大雪のおそれはなくなりました。しかし、福岡県内では、“最強寒波”の影響が続いています。

福岡県・佐賀県では25日午前、大雪のおそれはなくなりました。しかし、福岡県内では、“最強寒波”の影響が続いています。

■須田キャスター

「坂になっているんですが、真っ白です。車を見ると、速度を落として走っています。」

福岡県内では25日、八女市黒木で氷点下6.3℃、添田町で氷点下5.9℃を観測するなど、県内のすべての観測地点で氷点下を記録しました。この寒さの影響とみられる事故が発生しています。

24日午後5時半ごろ、福岡県福智町伊方の田川直方バイパスでは、福岡県飯塚市の会社員・高井誠さん(51)が、軽ワゴン車にはねられ、死亡しました。

軽ライトバンを運転していた男性は「ブレーキを踏んだが、スリップして車が回転した」と話しているということです。事故現場では当時、小雪が降っていて、路面の一部が凍結していたということです。

また、北九州市では25日午前10時までに、水道管の凍結181件、破裂12件の通報がありました。

福岡市では、水が出ないという通報が69件相次ぎました。

交通機関にも影響が出ています。

博多駅発着の新幹線で、最大90分の遅れが出ているほか、在来線も、鹿児島線の小倉と荒尾の間や、日豊線の小倉と大分の間などで遅れが出ています。

25日午前11時の時点で、西鉄の各線・福岡市地下鉄は平常運行です。また、九州自動車道は、小倉東ICから鹿児島ICまで、上下線とも通行止め、福岡都市高速、北九州都市高速は全線で通行止めが続いています。西鉄の路線バスは、久留米地区で始発から運転を見合わせていましたが、一部で運行を再開しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加