蔵元で「櫂入れ」 2月4日の立春に向け特別な日本酒作りが進む 山梨・萬屋醸造店

蔵元で「櫂入れ」 2月4日の立春に向け特別な日本酒作りが進む 山梨・萬屋醸造店

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2022/01/14
No image

山梨県富士川町の蔵元の老舗で2月4日の立春に向け、特別な日本酒造りが進められています。富士川町の萬屋醸造店です。1月14日に行われたのは日本酒を造る上で重要な工程の櫂入れです。材料の入ったタンク全体をかき混ぜ発酵を安定させる役割があります。こうして造られる特別な日本酒が3週間後に完成します。2月4日の立春の早朝にしぼり、おはらいを受け出来上がる「立春朝搾り」です。毎年全国各地の蔵元がこの時期に仕込んでいて、今年は全国43の蔵元から25万本以上の出荷が予定されています。萬屋醸造店は予約制で約8千本を出荷するということです。

テレビ山梨

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加