“億万長者”過去最多に コロナで二極化...日本49人

“億万長者”過去最多に コロナで二極化...日本49人

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/08
No image

アメリカの経済誌「フォーブス」は、毎年恒例の「世界長者番付」を発表しました。

1位は、4年連続でアマゾン・ドット・コムの創業者で近くCEO(最高経営責任者)を退任するジェフ・ベゾス氏です。

2位は、アメリカの電気自動車メーカー・テスラのCEO、イーロン・マスク氏で、去年の31位から大幅に順位を上げました。

新型コロナウイルスの影響で、観光業界や飲食店などの倒産が世界中で相次ぐなか、10億ドル以上の資産を持つ“ビリオネア”の数は、2755人と過去最多となり、貧富の二極化が進んでいます。

国別では、アメリカが724人で最も多く、次いで中国の698人となっています。

日本からは、ソフトバンクの孫正義氏(29位)や、ユニクロなどを傘下に持つファーストリテイリングの柳井正氏(31位)など、49人が名を連ねています。

(「グッド!モーニング」2021年4月7日放送分より)

「世界長者番付」ベゾス氏が4年連続TOP

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加