Apple、「AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を延長

Apple、「AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を延長

  • ゴリミー
  • 更新日:2021/10/16
No image

Appleは、「AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を延長した。従来は対象となるAirPods Proに対し、最初の小売販売日から2年間適用されるものだったが、現在は3年間になっている。

AirPods Proの修理プログラムは、2020年10月に発表。2020年10月より前に製造されたモデルが対象となっており、見られる不具合は以下のとおり。

AirPods Pro から異音(「パチパチ」という音など)がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。

アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音(街頭や飛行機の騒音など) が大きくなるなど。

実機検査で上記の問題が確認された場合、AirPods Pro本体(左右のいずれか、または両方)が交換される。なお充電ケースはプログラムの対象に含まれない。

(Source: 9to5Mac)

The post Apple、「AirPods Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」を延長 first appeared on ゴリミー.

AirPodsに関する記事をもっと読む

Kazuto Kusakari

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加