岩岡ヒサエの読切がグラジャンに、次号で「テラフォーマーズ」橘賢一の新連載始動

岩岡ヒサエの読切がグラジャンに、次号で「テラフォーマーズ」橘賢一の新連載始動

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/07/21

本日7月21日に発売されたグランドジャンプ16号(集英社)には、岩岡ヒサエの読み切り「風穴路」が掲載されている。

No image

グランドジャンプ16号

「風穴路」は、グランドジャンプ創刊10周年記念の読み切り連弾第9弾として発表されたもの。子育てに疲れた男性が、ふと訪れた風穴の先で体験した不思議な出来事が描写される。

なお8月4日発売のグランドジャンプ17号には、読み切り連弾第10弾として夏原武原案による甲斐谷忍「カモのネギには毒がある(仮)」を掲載。小森陽一原作、山本隆之構成による橘賢一の新連載「GIGANTISージャイガンティスー」もスタートする。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加