神戸国際大付が準々決勝進出 4番西川が先制2ラン、阪上は決勝打/兵庫

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22

<高校野球兵庫大会:神戸国際大付6-4明石商>◇22日◇5回戦◇ほっともっとフィールド神戸

今春のセンバツ出場校・神戸国際大付が明石商との接戦を6-4で制し、準々決勝進出を果たした。

神戸国際大付は初回、2死から3番・阪上翔也投手(3年)が四球で出塁すると、続く4番・西川侑志捕手(3年)が左翼席へ先制の2ランホームラン。4番の一振りで2点を先行する。

その後同点にされ迎えた7回。1死満塁のチャンスで打席に立った阪上が2球目を捉え右前2点適時打。勝ち越しに成功する。神戸国際大付はこの回さらに2点を追加し明石商を突き放した。

明石商は8回に2点を返すも反撃はそこまで。熱戦を制した神戸国際大付がベスト8へ駒を進めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加