NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
頂点を目指す侍ジャパン、楽天イーグルス、巨人と強化試合

頂点を目指す侍ジャパン、楽天イーグルス、巨人と強化試合

  • J SPORTS|コラム(野球)
  • 更新日:2021/07/22

いよいよ五輪本番。東京オリンピックの野球競技は6カ国が参加し、7月28日(水)に開幕する。日本はメキシコ、ドミニカ共和国とともにグループAに入り、28日にはドミニカ共和国との初戦が組まれている。

No image

それに先立ち、24日(土)と25日(日)に侍ジャパン強化試合が、楽天生命パーク宮城で行われる。対戦相手は24日が東北楽天ゴールデンイーグルス、25日は読売ジャイアンツだ。

五輪本番に向けた貴重な実戦で、サインプレー確認などチーム構築の場ともなるだろう。また、ボールの微妙な感覚調整も重要で、今回の2試合は日本の守備時に国際球が使用される。

五輪本番に向けてローテーションを隠す情報戦の意味合いもあり、日本の先発投手は試合直前まで伏せられることになりそうだ。登録11投手のうち先発として想定されるのは森下暢仁、山本由伸、田中将大、大野雄大の4枚。2試合の先発もそこから選択されるだろう。

リリーフ陣は39試合連続無失点の記録を樹立した右腕・平良海馬を筆頭に本格派、変則派が多士済々。強化試合の2試合で登板可能な全投手を起用する可能性が高く、超豪華な投手リレーを楽しめる試合となる。

青柳 晃洋(阪神)
岩崎 優 (阪神)
森下 暢仁(広島)
伊藤 大海(北海道日本ハム)
山本 由伸(オリックス)
田中 将大(東北楽天)
山崎 康晃(横浜DeNA)
栗林 良吏(広島)
千賀 滉大(福岡ソフトバンク)
大野 雄大(中日)
平良 海馬(埼玉西武)

捕手・野手陣も攻守の名手が揃った豪華な顔ぶれだが、国際試合の実績は鈴木誠也が傑出している。2019年のプレミア12では日本の4番を任されて三冠王を獲得。MVPにも輝く大活躍を見せた。NPBでの戦いを見ても、7月の12試合は打率.395、5本塁打、13打点と状態を上げている。

梅野 隆太郎(阪神)
甲斐 拓也(福岡ソフトバンク)

山田 哲人(東京ヤクルト)
源田 壮亮(埼玉西武)
浅村 栄斗(東北楽天)
菊池 涼介(広島)
坂本 勇人(巨人)
村上 宗隆(東京ヤクルト)

侍ジャパン強化試合 2021

侍ジャパン、世界の頂点を目指し本格始動!

近藤 健介(北海道日本ハム)
柳田 悠岐(福岡ソフトバンク)
栗原 陵矢(福岡ソフトバンク)
吉田 正尚(オリックス)
鈴木 誠也(広島)

相手テームを見ると楽天は新人ながら7勝を挙げている左腕・早川隆久の先発が濃厚。また、巨人はデラロサ、ビエイラと外国人の好投手が多く、侍ジャパンが「外国人投手に慣れる」機会となるかもしれない。

過去の五輪、WBC、プレミア12でも直前の強化試合は組まれている。ただし、このような試合で、単独チームに対する侍ジャパンの勝率はおおよそ互角。

日本が優勝した2019年のプレミア12でも、大会直前の強化試合で侍ジャパンがカナダに敗れている。仮に結果が伴わなくてもそれは“想定内”で、本番への期待値を下げる要素にはならない。

ただし、選手の体調は若干の不安要素だ。7月16日、17日のオールスターは田中将大、浅村栄斗、近藤健介ら3選手がワクチンに対する副反応、急性胃腸炎などコンディションの問題で欠場している。

また、6日の千葉ロッテ戦で打ち込まれている千賀滉大の状態も気がかりだ。今回の2試合がそういった選手の状態を確認し、本番への不安を打ち消す機会になれば嬉しい。

文:大島和人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加