【京成杯】タイソウを西園師は高く評価 重賞初挑戦でも気後れすることはない

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/13

「京成杯・G3」(17日、中山)

肩ムチ一発で新馬戦を快勝したタイソウ。3馬身差の2着に負かしたマイプレシャスが次走で楽勝したように、能力は相当。重賞初挑戦でも気後れすることはない。

西園師は「1回使って、ガラッと馬が変わっているし、これだけ手応えがあるのはサダムパテック以来。脚が長いところなんかが似ているね」と、素質を高く評価している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加