Twitter新機能「スペース」の提供がスタート Clubhouseに続く音声の可能性

Twitter新機能「スペース」の提供がスタート Clubhouseに続く音声の可能性

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2021/05/06
No image

米Twitterは現地時間5月3日に、Twitter上で音声ライブ配信機能「Spaces」(スペース)の正式提供を開始した(iOS/AndroidのTwitterアプリのみ)。

【画像をもっと見る】

2020年から試験的に公開されていた「スペース」だが、現在すべてのアカウントがリスナーとして参加可能。

フォロワー数600人以上のすべてのアカウントは、「スペース」を主催するホストとしての機能も利用することができる。

なおフォロワー数600人以上でも、非公開アカウントはホストになることはできない(リスナーとしての参加は可能)。

Twitterの「スペース」ってどんな機能?

We've been testing and tweaking and learning from you about how to make @TwitterSpaces accessible. Today marks a huge roll-out to more accounts. If you've got it, host it, or join in! pic.twitter.com/VXbgP2qoJj
— Twitter Accessibility (@TwitterA11y)
May 3, 2021
from Twitter

リスナーの参加上限はなく、最大11人が同時に会話することができる「スペース」。

ホストは、参加可能なリスナーの設定変更(「フォローしているアカウントのみ」など)ができるほか、リスナー/スピーカーの招待・承認・削除・報告・ブロック、スピーカーの音声管理、任意のツイートの表示などの権限が付与される。

リスナーは、ホストへの発言権(スピーカーになる)のリクエスト、絵文字でのリアクション、表示されたツイートのチェック、他リスナー/スピーカーやスペース自体の報告・ブロックが可能。

また今後、有料のチケットを用いた有料限定配信などの展開も予定している。

No image

Twitter「スペース」とClubhouse、最大の違いは公開範囲

音声SNSとして先行しているClubhouseは、ユーザーが興味のあるテーマのルームに参加して楽しむことができるSNSだ。公開範囲を限定することもできるため、少人数での打ち合わせなどにも利用できる。

対してTwitterの「スペース」は、リスナーを限定することはできても公開範囲を限定することはできない。そのため、もともと交流のあるフォロワーとの会話を楽しむことが念頭に置かれた機能になっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加