長嶋一茂、週刊誌に“マズイ写真”撮られ再撮を提案 相手の女性とはその後...

長嶋一茂、週刊誌に“マズイ写真”撮られ再撮を提案 相手の女性とはその後...

  • Sirabee
  • 更新日:2022/08/06
No image

5日放送『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)で、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が、過去に体験した「週刊誌記者とのやり取り」を告白。意外な事実を明かし、同番組レギュラーのヴァイオリニスト・高嶋ちさ子、俳優・石原良純らを驚かせた。

■大切な腕時計

ちさ子の夫は物持ちがよく、22年以上愛用していたスーツケースをついに処分したとの話題から、一茂は「処分したくない、ずっと持っていたい」モノとして、ある女性からプレゼントされた大切な腕時計について触れていく。

その女性と鹿児島に行き、川沿いの旅館に泊まった一茂。露天風呂に入り1泊して帰京すると、週刊誌記者から「一茂さん、撮っちゃいました」と、女性と旅行する様子を隠し撮りしたとの連絡が入ったという。

関連記事:長嶋一茂、気になる女性からの詐欺被害を告白 妻に秘密で共同名義口座を作るも…

■撮り直しを提案

大量の写真を撮った記者から「出しちゃマズイ写真もあるよ」「イチャイチャしている写真もある」と告げられたと一茂は苦笑しながら当時を振り返っていく。

川沿いの旅館だったため、川の向かいから撮影・盗撮していたと知った良純らは「それ犯罪じゃないの?」「絶対ダメでしょ」と指摘。一茂も「今思えば盗撮なんだけど、『盗撮でしょ』って言えない若さがあったのよ、俺当時は」と強く出られなかったと吐露する。

さらに記者から「ウチはなにを出してもいいんだけど、一茂くんが選んでいいよ、写真」と指示された一茂は、女性の立場も考えて「撮り直そう」と提案。都内で女性との2ショットを撮影したと明かした。

■父の監督時代

また、当時は父・長嶋茂雄が読売ジャイアンツの監督で、ペナントレースも佳境だった時期。自身のスキャンダルが出ると「迷惑がかかる」と考えたと一茂は当時の心境を口にする。

今考えれば、週刊誌側も盗撮なので写真を出せなかった可能性もあったが、女性や両親のことを考えると、そこまで頭が回らなかったと一茂は主張。

週刊誌としても一茂の熱愛さえ報じられればよかったようで、「写真変えてって言ったら変えてくれる」と記者とは交渉できると実体験をもとに語った。

■視聴者の反応は…

その時計は今も大切に持っていると一茂は吐露。「変なオチだけど、今の女房です、その女性」と言及しちさ子は「ええー」と仰天、「いい話になっちゃったから全然おもしろくない」とツッコんだ。

一茂の女性関係や記者とのやり取りが赤裸々に語られた今回の放送。その相手が今の妻だと明かされ、視聴者からも「その女性は奥さんだったという純愛物語だった」と反応している。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、息子からの辛辣な意見に納得 テレビでは「全然おもしろくない」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加