ボロン製カンチレバー+シバタ針のMM上位機。オルトフォン 2M Black LVB 250

ボロン製カンチレバー+シバタ針のMM上位機。オルトフォン 2M Black LVB 250

  • Stereo Sound ONLINE
  • 更新日:2021/11/25
No image

オルトフォン 2M Black LVB 250¥118,000●発電方式:MM型●出力電圧:5mV●インピーダンス:47kΩ●適正針圧:1.6g●自重:7.2g●問合せ先:オルトフォンジャパン(株)

オルトフォンがMM型の最高傑作と自負するのが、楽聖ベートーヴェンの生誕250周年を記念する新製品のプレミアムモデル、2MブラックLVB250である。最大の特徴は、オルトフォンのMM型では初めてとなるボロン製カンチレバーの採用であろう。ダンパーのゴムも専用に開発されており、針先はシバタ針。発電コイルには純銀メッキ高純度銅線が使われている。

本誌リファレンス・プレーヤーのテクニクスSL1000Rに装着して本機の音を聴いている。出力電圧は5mVと大きいため、プリアンプのエアータイトATC5にとってもS/N感の点で大いに有利になっている。

[ 関連記事を読む - 管球王国 ]

ボロンカンチレバー+シバタ針という構成は、ともすれば大味な音になりがちなMM型カートリッジにトランジェント性能に優れた緻密な音世界をもたらした。フュージョングループのフォープレイ「ビトゥイーン・ザ・シーツ」は、まるでMC型を聴いているようなディテールの鮮やかさに加えて、高い出力電圧が反映されたダイナミックな音。ゲルギエフ指揮「春の祭典」も、音楽の重心が低く腰の据わった音を基調に、迫力満点の打楽器の連打がズシンと響く。ドナルド・フェイゲンも切れ込みの鋭いリズミカルな音だった。

ステレオ仕様の2Mは4機種あり、実は本機のボディはブラックとブロンズと同じ内容。すなわち、LVB250用の交換針を装着することで本機と同等の音質が得られるのだ。

No image

曲率半径6/50μmの無垢シバタ針、ボロン製カンチレバーを採用する。ダンパーゴムは素材を見直して新規設計された。ボディ内部の磁気回路のコイルは純銀メッキ高純度銅線を採用する。ボディの形状はMM型2Mシリーズで共通。

No image

試聴する三浦氏。ヘッドシェルはオルトフォンLH4000(¥6,200)を使った。

No image

2M Black LVB 250 | 2M Series | HiFi Cartridges | ortofon - オルトフォンジャパン

www.ortofon.jp

この記事が読める季刊「管球王国」Vol.101 2021年 SUMMERのご購入は

No image

管球王国 Vol.101 2021年 SUMMER

2021年夏号となる101号の特集企画は「真空管アンプ22ブランド『モノ作りとメインテナンス』の指針」です。高次元の音とモノ作りを志向する現代の真空管アンプ・ブランドは、どのような指針で製品を送り出しているのか。そして、愛機を安心して長く使えるメインテナンス体制はどう整えられているのか。内外22ブランドへのヒアリングと、筆者が試聴で感じ取って来た音の印象によって各ブランドの魅力の根源に迫ります。実験工房「最新MCカートリッジの実力を聴く/25機種の聴き比べ」では、定番機種から70~80万円...

www.stereosound-store.jp

三浦孝仁

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加