シャープ、ウイルス飛沫粒子の捕集数が2倍になった加湿空気清浄機

シャープ、ウイルス飛沫粒子の捕集数が2倍になった加湿空気清浄機

  • 家電 Watch
  • 更新日:2021/11/25
No image

プラズマクラスター加湿空気清浄機「KI-PXシリーズ」3機種

シャープは、ウイルス飛沫粒子の捕集数を約2倍に高める「飛沫粒子モード」を新たに搭載した、プラズマクラスター加湿空気清浄機「KI-PXシリーズ」3機種を、2022年1月14日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は77,000円~141,000円前後。

同社史上最高イオン濃度の「プラズマクラスターNEXT」を搭載した加湿空気清浄機。付着ニオイ原因菌の除菌や、ウイルスの作用抑制などにより高い効果を発揮するという。

新たに、室内に漂うウイルス飛沫粒子を効果的に捕集する「飛沫粒子モード」を搭載。ウイルス飛沫粒子が滞留しやすい天井付近に向ける新たな気流を加えることで、ウイルス飛沫粒子の捕集数を同社従来気流比で約2倍まで高めた。

No image

室内に漂うウイルス飛沫粒子を効果的に捕集する「飛沫粒子モード」を搭載

使い捨て加湿プレフィルターで手入れの手間を軽減

新開発の「小型イオン発生デバイス」も搭載し、商品サイズをコンパクトに抑えながら従来同等の空気浄化性能を保った。これにより、「プラズマクラスターNEXT」搭載機種が、1機種から3機種に拡大した。

ラインナップは、空気清浄時の適用床面積が~46畳の「KI-PX100」、~34畳「KI-PX75」、~31畳「KI-PX70」の3機種。店頭予想価格は順に、141,000円、92,000円、77,000円前後。

No image

新開発の「小型イオン発生デバイス」

No image

「プラズマクラスターNEXT」搭載機種が1機種から3機種に拡大

KI-PX100/75には、新採用の「使い捨て加湿プレフィルター」も用意。ニオイや汚れの原因となる水中のミネラル成分などをキャッチし、加湿フィルターへの汚れの付着を軽減する。

交換目安は約1カ月に1回で、はがして捨てるだけで清潔に使える。交換用使い捨てプレフィルターの価格は935円(6個入)。

No image

加湿フィルターへの汚れの付着を軽減する「使い捨て加湿プレフィルター」

No image

交換目安は約1カ月に1回

またKI-PX100においては、独自の加湿構造により業界初となる加湿量1,000ml/時を実現。

吸い込んだ風を加湿フィルターに集める「加湿集中ガイド」と、うるおいのある風を室内に効率良く送り出せる「二重構造加湿フィルター」を採用し加湿性能を高めた。

No image

KI-PX100

No image

業界初となる加湿量1,000ml/時を実現

No image

「加湿集中ガイド」と「二重構造加湿フィルター」を採用

AIoTエアコンとの併用で飛沫粒子を効果的に誘導

スマートフォンと連携するAIoT機能も搭載。同社AIoT対応エアコンと併用すれば、アプリで選択した空気清浄機の設置場所に応じて、2つの気流がぶつからないようにエアコンの風量と風向きを自動で制御する。気流がぶつかることなく汚れを空気清浄機へ誘導できるため、効果的にウイルス飛沫粒子を捕集するという。

KI-PX100の本体サイズは、427×345×700mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約16kg。プラズマクラスターの適用床面積の目安は約23畳。水タンク容量は約4.3L。

No image

同社AIoT対応エアコンと併用。アプリで正面の空気清浄機と連携し、エアコン風量と風向きを制御

No image

今度は左側の空気清浄機と連携。エアコンの風向きが変わった

No image

連携制御することで、気流がぶつかることなく空気清浄機へ汚れを誘導する

フィルターなどの別売オプション品を一つのセットにまとめた「リフレッシュパック」も販売。

KI-PX100に対応する「FZ-ST10KI」、KI-PX75/70に対応する「FZ-ST70KI」、2015年度以降発売のKC-50シリーズに対応する「FZ-ST50KC」をラインナップ。価格は順に、20,900円、17,600円、9,900円。

No image

別売オプション品を一つのセットにまとめた「リフレッシュパック」

No image

KI-PX75

No image

KI-PX70

世界累計出荷台数が1億台を突破

同社は、2021年10月にプラズマクラスター搭載製品の世界累計出荷台数が1億台を突破したことを発表。2000年に空気清浄機に搭載して以降、自動車など異業種への販売、グローバル展開の強化などで拡大してきた。

シャープ Smart Appliances & Solutions事業本部 副本部長 兼 空調・PCI事業部長 中島光雄氏は「特にグローバルでは、ニーズ・デザインのローカルフィット商品創出とルート開拓により、現在109の国と地域で展開中です。家庭だけでなく、移動空間や施設での利用も拡大しています」と説明。2030年度には2億台の突破を目指すという。

No image

シャープ Smart Appliances & Solutions事業本部 副本部長 兼 空調・PCI事業部長 中島光雄氏

No image

2021年10月にプラズマクラスター搭載製品の世界累計出荷台数が1億台を突破

No image

グローバルでは現在109の国と地域で展開

西村 夢音

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加