岡山・備前市で最大約27kmの渋滞 丸1日続く...最強寒波で交通機関に影響

岡山・備前市で最大約27kmの渋滞 丸1日続く...最強寒波で交通機関に影響

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2023/01/25

今季最強の寒波で岡山県北部で大雪となるなど各地で影響が出ています。国道2号では24日夜から渋滞が発生しました。現在は少し緩和してきているとのことですが、丸1日経とうとしている現在も続いています。

(記者リポート)
「午後4時、備前市香登(かがと)の国道2号の様子です。岡山市から兵庫県へ向かう道なんですが、先が見えなくなるほど渋滞が続いています」

岡山国道事務所によりますと、国道2号では24日午後7時ごろ、兵庫県赤穂市で立ち往生する車が複数台発生し、兵庫県赤穂市東有年と備前市三石船坂の間が通行止めとなりました。

午前5時20分に片側交互通行になりましたが、午後3時ごろには兵庫県との県境から最大で27kmほどの渋滞が発生していたということです。

国道沿いでは渋滞に疲れ、車を停めるトラックの運転手もいました。

(トラック運転手は―)
「きのうの晩からずっと待機しているんです。きのう午後7時くらいから止まってるんですよね。だからずっとここで、へたに動かない方がいいもんね。荷主さんから電話がかかってきたりして『どうですか』って」
「高速道路が開通しないと、時間の読みがきかないので、一応待機してた方が安全かなと思いまして」

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加