トヨタ・マークIIのツーリングワゴン「マークIIブリッド」デビュー。マークIIの名前を継承した最後のモデル【今日は何の日?1月25日】

トヨタ・マークIIのツーリングワゴン「マークIIブリッド」デビュー。マークIIの名前を継承した最後のモデル【今日は何の日?1月25日】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2023/01/25

■高級FRツーリングワゴンとして登場も短命に終わる

2002(平成14)年1月25日、トヨタの「マークIIブリッド」がデビューしました。「マークII」は、1980年代に“ハイソカーブーム”を巻き起こして一世を風靡したスポーティな高級セダンです。マークIIは9代目で幕を下ろしましたが、マークIIの名を継承した最後のモデルが、マークIIブリッドなのです。

No image

2002年にデビューしたマークIIブリッド。マークIIの名を継承した最後のマークII

●ハイソカーをけん引したマークIIの凋落

No image

一世を風靡した1984年デビューの5代目マークII

マークIIは、1980年代に“ハイソカーブーム”で一世を風靡したスポーティな高級セダンです。1980年にデビューした4代目がブームの火付け役となり、5代目(1984年~)と6代目(1988年~)マークIIは、月販台数1万2000台を超えるような爆発的な人気を博しました。

No image

2000年にデビューした 9代目マークII

ところが、1990年代に入るとバブルの崩壊とともにセダン人気が凋落。バブル崩壊の後、ハイソカーのような高級セダン市場は縮小し、7代目(1992年~)から急激に右肩下がりに。

8代目(1996年~)と9代目(2000年~2004年)は、もはやクルマ自体の出来栄えとは関係なく、販売は大きく落ち込みました。そして、遂に9代目を最後に栄光のマークIIブランドは幕を下ろしたのです。

正確にはセダンが終焉を迎えたのであって、ツーリングワゴンのマークIIブリッドは、2002年から2007年まで発売されていきました。マークIIの最後を飾ったのは、マークIIブリッドということになります。

●マークIIブリッドの先代は、マークIIクオリス

No image

1997年にデビューしたマークIIクオリス

マークIIには、2代目からワゴンが設定されていましたが、独立モデルとしてステーションワゴンが登場したのは、1997年に登場した8代目マークIIに追加された「マークIIクオリス」です。

ブリッドの先代にあたるクオリスは、マークIIを名乗るものの、ハードトップのマークIIとは別物で、FFプラットフォームのカムリグラシアの兄弟車の位置づけで登場。エンジンは、カムリの2.2L&2.5L直4と、ウィンダムの3.0L V6を搭載していました。

マークIIの顔を持ち、マークIIを名乗りながら、FFベースで他車のプラットフォームやエンジンを流用するといった変わった存在でした。もちろん、販売数は限られていましたが、旧マークIIのワゴンよりもスタイリッシュで、FRからFF化(後に4WDを追加)されたことで、居住性や運転のしやすさなどは好評を得ていました。

●優れた性能と居住性を合わせ持つ最後のマークII

クオリスの後を継いで、マークIIの名を継承した最後のモデルとなったのが、本家マークIIのFRセダンのプラットフォームをベースにしたマークIIブリッドなのです。

No image

マークIIブリッドのリアビュー。個性的なCピラーが特徴

高級FRツーリングワゴンとして、高級セダンのマークIIとは全く違う精悍さとスポーティさをアピールして、縦型の独立4灯ヘッドライトと強い傾斜を持たせた太いCピラーが個性的でした。

パワートレインは、2.0L直4 DOHC&2.5L直6 DOHC、トップグレードには最高出力280PSの2.5L直6ターボエンジンの3機種と、電子制御4速&5速ATの組み合わせ、駆動方式はFRと4WDを設定。高い走行性能とワゴンならではの居住性と収納性が、高級FRワゴンのアピールポイントでした。

しかし、その魅力は市場では受け入れられず、2007年に生産を終了しました。

一時代を築いたマークIIブランドの最後に登場したマークIIブリッド。個性的なデザインは万人受けするものよりは強いもの。時代的に市場はすでにミニバンやSUV人気が盛り上がってもいた頃で、セダン同様、ステーションワゴン人気にも陰りが。そんな中、立派に主張していたワゴンではあったのですが…。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかもしれません。

Mr.ソラン

あわせて読みたい

トヨタ・セリカは水素エンジン搭載で復活か? 水素カローラはその布石か!

トヨタ「ソアラ」2代目デビュー。ハイソカーブームをけん引した新技術フル投入のスポーティな高級セダン【今日は何の日?1月21日】

プリウスに「GRMN」が存在? PHEVモデルをベースに出力300ps超!?

ハイエースMRT次期コンセプトモデル、新型シエンタ・いつでもウェルキャブ装着車をトヨタカスタマイジング&ディベロップメントが出展【東京オートサロン2023】

トヨタ アクアが20歳の「好きなクルマ」1位に。運転免許保有率は2年前から約10%上昇

Mr. ソラン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加