触手ホラーACT『CARRION』発売1週間でセールス20万本達成!グロくてコミカルな「舞台裏」映像も公開

触手ホラーACT『CARRION』発売1週間でセールス20万本達成!グロくてコミカルな「舞台裏」映像も公開

  • Game Spark
  • 更新日:2020/08/01
No image

触手ホラーACT『CARRION』発売1週間でセールス20万本達成!グロくてコミカルな「舞台裏」映像も公開

もっと画像を見る

No image

Phobia Game StudioとDevolver Digitalは、7月23日にリリースされた触手アクション『CARRION』が発売1週間ほどで20万本のセールスを記録したことを発表しました。

本作はプレイヤーが謎の触手生物となり、研究施設からの脱出を目指すメトロイドヴァニア。無数の牙と触手を持つ怪物であるモンスターである主人公は人間を喰らうことで力を付けていき、状況に応じてさまざまな能力を使用していきます。同デベロッパーの前作『BUTCHER』同様、2D世界が血まみれになること必至のスプラッターホラーアクションゲームです。

今回のセールス数はPC/Xbox One/ニンテンドースイッチ版をあわせたもの。また本作はマイクロソフトのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」にも登録されています。発表によると、同サービスを使用して数十万人のプレイヤーに遊ばれているとしています。

No image
No image

また、DevolverDigitalはモンスターのインタビューを含む本作の「舞台裏」の特別映像を公開しています。モンスターによる撮影シーンやモーションキャプチャーを紹介するコミカルな内容ですが、一部に過激なシーンがあるので閲覧はご注意ください。

Mr.Katoh

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加