創価16強「4番投手」高沢春佑が先発5回2失点、2ランに2盗塁の活躍

創価16強「4番投手」高沢春佑が先発5回2失点、2ランに2盗塁の活躍

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

創価対江戸川 先発し5回3安打2失点(自責1)の創価・高沢(撮影・古川真弥)

<春季東京大会:創価9-2江戸川>◇6日◇2回戦◇江戸川区球場

創価は高沢春佑外野手(3年)の投打にわたる活躍で16強に進んだ。

逆方向へ、ライナーで放り込んだ。「4番投手」で先発したが、まずは1回表の打撃。2死三塁で外寄りの速球を右中間席へ。高校通算6号が先制2ランとなった。「変化球に合わせながら、反応で打ちました。引っ張って左中間への当たりが増えると調子が下がるんです」。右中間への1発は吉兆だった。

「初回に先制できたので、楽に入れました」と、次は、公式戦初登板の投手として奮闘した。初回、2回と危なげなく0に抑えると、今度はまた野手だ。次は足でみせた。3回先頭で四球を選ぶと、すかさず二盗。敵失と暴投で3点目のホームを踏んだ。結局、投げては5回3安打2失点(自責1)、打っては2安打2打点2盗塁と文句なしの働きだった。

高い身体能力を誇る。50メートル走5秒8、遠投は中学時代に軟式で108メートルを記録した。「基本は野手です」と自覚するが、最速137キロ右腕としても貴重な戦力。さらに、片桐監督は「副キャプテンとして、気持ちの面でもチームを引っ張ってくれる」と目を細めた。

目標とする選手は、二刀流のあの人ではなく「浅村栄斗さん、山田哲人さん」とキッパリ。右投げ右打ちの外野手として、存在感を見せる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加