島崎遥香、AKB48卒業から5年 連続ドラマ主演に意気込み「生脚にもご注目ください(笑)」<ハレ婚。>

島崎遥香、AKB48卒業から5年 連続ドラマ主演に意気込み「生脚にもご注目ください(笑)」<ハレ婚。>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/01/20
No image

「ハレ婚。」で主演を務める島崎遥香にインタビュー /  ※撮影:後藤利江

【写真を見る】島崎遥香、両手を頬に添えてキュートなポーズ

島崎遥香が6年ぶりに連続ドラマの主演を務める「ハレ婚。」(毎週日曜夜11:55-0:25ほか、ABCテレビほか※tvkでは1月18日[火]スタート、毎週火曜夜11:00-11:30)が、1月16日(日)よりスタート。同作は、2014年に青年漫画誌「ヤングマガジン」(講談社)で連載開始以来、累計260万部を突破した同名コミックが原作。現代の日本を舞台に、「一夫多妻制(=ハーレム婚、通称ハレ婚)」が条例として認められた町で起こる不思議な結婚生活を描いた異色のラブコメディーだ。

“3人目の妻”として迎えられる前園小春を島崎が演じ、小春の夫・伊達龍之介役には稲葉友、“1人目の妻”ゆず役には柳ゆり菜、“2人目の妻”まどか役には浅川梨奈が抜てき。非現実的な設定ながらも、それぞれに真っすぐ人を思い、 “友情”と“結婚”に向き合っていく姿を描いている。

WEBザテレビジョンでは、主演の島崎にインタビューを行い、作品への思いや自身が演じるキャラクターについて、AKB48時代が今の俳優業に及ぼしている影響、撮影のご褒美エピソードなどを聞いた。

髪を切って、アイドルの頃からのファンがすごく喜んでくれた

――出演が決まった際のお気持ちを教えてください。

小春はすごく元気で、言葉遣いが荒くて、見るからにスポーツが得意そうな女の子です。私は暗くて、自分とは正反対のキャラクターなので「できるかな」と不安はありました。

――ご自身とは違うタイプなんですね。

はい。黄色のお洋服を着ていたりしますけど、私は黄色い服は持っていないし、ショーパンも履かないですし(笑)。役のために髪もばっさり切って、ひさびさにこの長さにしたのですが、アイドルの頃からのファンの方はすごく喜んでくださっています。それに、シャンプーが楽になりました。

――正反対の役柄にチャレンジしようと思ったのはなぜですか?

プロデューサーのお二人が美人だったからです(笑)。お会いする前までは「どうなるんだろう?」と思っていたのですが、いざお会いしたらきれいな女性だったので、「いい現場になりそうだな」「一緒にお仕事をしたいな」と思いました(笑)。

No image

主人公・前園小春を演じる島崎遥香 /  ※撮影:後藤利江

「私でいいのだろうか?」と不安に

――6年ぶりの連続ドラマ主演としての意気込みはいかがですか?

まさか自分が主演をやらせてもらえるなんて思っていなかったのでびっくりしましたし、「私でいいのだろうか?」と不安でもありました。

――小春と似ていると思う部分を教えてください。

行き当たりばったりなところや、思い立ったら後先考えずに行動してしまうところは似ているかもしれないです。

――小春の魅力はどんなところだと思いますか?

うそがないところです。表情にしても、せりふにしても、どんな人であってもちゃんと向き合ってちゃんとストレートに気持ちを伝えるところがすてきだと思います。

――小春を演じる上で心掛けたことや意識したことがあれば教えてください。

原作のファンの方にも喜んでもらえるような表情づくりを心掛けています。あとは、高い声で乱暴な言葉を言うと「違和感があるかな?」と思い、声のトーンを低くしています。

――小春はがむしゃらで無鉄砲なキャラクターですが、演じていて楽しかったですか?

はい。でも、話をぎゅっと詰め込んでいるので、台本では「…」だけで、表情一つで伝えなくてはいけない時、「(小春は)どういう心境で、どういう状況だったんだっけ?」とたまに分からなくなってしまうこともありました。

――原作を読んだ感想をお聞かせください。

青年誌だったので、初めは「どんな感じなんだろう?」と思いながら読み始めましたが、女性誌でもおかしくないくらい共感できて面白いし、楽しいし、スラスラ読めて、気が付いたら読み終わっていました。

――「一夫多妻制度」に関して、どのような印象を受けましたか?

そこに関しての現実味はないですが、私の年齢に近い人や、未婚の人たちには、「結婚って何だろう?」と、とても考えさせられる内容だと思いました。そこには友情があって、「家族とは何か」ということも描かれていて、深くて複雑で、いろいろな視点からさまざまなことを考えさせられるなと思いました。

――実際に一夫多妻制度があったとして、島崎さん自身は“◯番目の妻”というポジションになじめそうですか?

はい。小春と一緒で、3番目くらいだったら、気持ちが楽かなとは思います。1番目だとちょっときついかもしれないですけど(笑)。

――では、もし逆の立場だとして、一度に複数の人を愛せますか?

(即答で)はい(笑)。3人くらいまでなら!

――初の新妻役ですが、島崎さんが思い描く理想の妻像を教えてください。

金銭面で自立していることです。

No image

「ハレ婚。」島崎遥香インタビュー /  ※撮影:後藤利江

同世代の共演者・スタッフに囲まれ「学校にいる感じ」

――現場の雰囲気はいかがですか?

同世代が多いので、学校にいる感じだし、スタッフさんたちにも自分より年下の方たちがいて、後輩と同級生で作っているような気持ちです。にぎやか過ぎず、程よい雰囲気の中演じています。

――稲葉友さんと共演した感想をお聞かせください。

以前にも共演したことがあるので、最初から気を張ることもなくお話できています。髪もエクステを付けていたり、声の感じも役に合っていて、すてきだなと思います。

――浅川梨奈さん、柳ゆり菜さんの印象は?

まどかを演じる梨奈ちゃんは、キャラクターとは全然違いますね(笑)。逆に梨奈ちゃんが小春っぽい性格で、かなりギャップがあります。柳さんは、(さっぱりとした明るい)キャラクターそのままの印象ですが、ご本人は関西弁なのが意外でした。

――特に印象に残っているシーンを教えてください。

龍之介のせりふに共感することが多いです。「普通に結婚しているからって幸せなの?」というようなせりふなど、「あ、いいな、このせりふ」と思うところがほとんど龍之介なんですよね。龍之介には結構感情移入しています。

――龍之介のような男性は好きですか?

好きですね(笑)。小春ちゃんに12年も片思いしていたところとか、真っすぐなところが好きです。

No image

「ハレ婚。」島崎遥香インタビュー /  ※撮影:後藤利江

AKB48時代の経験のおかげで、“ハード”だと思うことがなくなった

――AKB48卒業が2016年12月31日のことで、5年が経ちました。AKB48時代の経験が今の俳優業にどのように役立っていると思いますか?

大変だなと思うようなことが起きても、大変だと思わなくなったことですかね。免疫が付きました。当時はとにかく忙しくて、それに慣れてしまったので、卒業してからは、ハードスケジュールであっても“ハード”だと思うことがなくなりました(笑)。

――改めてAKB48について思うことはありますか?

私の全てです。

――今後、どのような俳優になっていきたいですか?目標にしている俳優さんや尊敬している方がいたら教えてください。

ディーン・フジオカさんです。俳優さんですが、音楽もやるし、絵本も書かれるし、一つの枠にとらわれていないので尊敬しています。バラエティーにも出演されているし、いろいろなことに挑戦されていて、かっこいいのにかっこつけてないところがすてきです。私もかっこつけない人でいたいです。

――ドラマ撮影期間に行っているリフレッシュ方法や、撮影を頑張るためのご褒美があれば教えてください。

帰宅する時間が深夜になるんですけど、必ずラーメンを食べます。ほぼ毎日ラーメンです。帰り道の時点で注文していますし、「帰ってから何を食べようかな?」と考える時間が幸せです。

――最近ハマっていることはありますか?

かき氷です。5年位前にハマってずっと好きだったんですけど、一度自分の中でのブームが去って、今また再燃しています。一年中営業しているので、この時期でも食べに行きます。あとは、「赤から」。「赤から」に行き過ぎて、店員さんに覚えられるくらい通っています。最近は配達もやっているので、それも頼んでいます。

――改めて、作品の見どころを教えてください。

私もまだどんなふうに仕上がっているのか分からないのですが、話が進むにつれてどんどん深刻化していくので、ぜひ最後まで見てほしいです。回を重ねるごとにテーマが変わっていくし、みんなの雰囲気も変わっていくので、そこに注目してほしいです。

また、小春はショーパン姿で登場するシーンが多いので、生脚にもご注目ください(笑)。私は寒いからストッキングを履きたかったのですが、生脚が監督のこだわりだったので、寒い中生脚で頑張っています!

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

私自身、深夜ドラマが好きで、見ることでリフレッシュになっています。全世代向けのテーマではないかもしれないし、シリアスなシーンももちろんあるけれど、その時間帯に起きて見てくださる方たちにとって、笑えて、ちょっとした楽しみになったらうれしいなと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加