かまいたち山内、“陽”から“陰”になったきっかけ

かまいたち山内、“陽”から“陰”になったきっかけ

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2021/09/15

お笑いコンビ・かまいたちの山内健司(40歳)が、9月15日に放送されたバラエティ番組「あなたはどっち?陰さま陽さまキャラ図鑑」(朝日放送)に出演。“陽”から“陰”になったきっかけについて語った。

No image

その他の大きな画像はこちら

同番組は、何に対してもあれこれ考えすぎちゃう人“陰さま”と、どんな状況でもポジティブに捉える人“陽さま”、それぞれの芸能人が集結し、トークを展開するバラエティ番組。

“陰さま”の一人として登場した山内は、子どもの頃は目立ちたがり屋の“陽さま”だったというが、あることがきっかけで“陰さま”になってしまったという。山内は「高校生のときに初めて彼女ができまして、彼女笑かしたりいろんなことしてたんですけど、最後、彼女にフラれるんですけど、そのときに『あなたのことで、心から笑ったこと一度もない』って言われて。『みんな苦笑いしてるだけだよ』」と言われたそうで、「オレ、そうだったの……?」「そこからシュンって(陰のほうに)なりました」と、この彼女の一言が大きな転機になってしまったそうだ。また、彼女が「みんな」と言ったことにも「みんなあの笑顔は……なんやったん? 全部が1回崩壊して。そこからだいぶ“陰さま”になりました」と振り返った。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加