15年前に盗まれたノストラダムスの原稿が発見される

15年前に盗まれたノストラダムスの原稿が発見される

  • カラパイア
  • 更新日:2022/05/14
No image

今から15年前、フランスの医師であり占星術師である「ノストラダムス」の写本がイタリア・ローマのにローマの図書館から何者かによって盗まれた。

「ノストラダムスの予言集(Nostradamus M Prophecies)」と題されたこの原稿は、約500年前のもので、昨年ドイツのオークション会社のウェブサイトに出品されていたのを捜査員が発見し、調査の結果盗まれたものであることが判明した。

【他の記事を見る】スマホにVR、テレビ会議も!1947年のフランス映画が現代のテクノロジーを予言しまくっていた

失われた予言集がオークションに出品されていた

四行詩集を主体とする「ノストラダムス予言集」は現在「ノストラダムスの予言」として引用される詩句・散文のほとんどが収められており、盗まれた原稿は500ページに及ぶ初期の貴重な資料とされていた。

この原稿がローマの図書館、バルナバイト神父の歴史研究センターからいつ盗まれたかは正確には不明だが、2007年ごろと考えられている。

本はパリやドイツのカールスルーエの闇市場を経て、ある美術商の手に渡り、ドイツ、バーデン・ヴュルテンベルク州プフォルツハイムのオークションハウスのウェブサイトに、最低落札価格12000ユーロ(160万円)で出品されていた。

昨年4月、イタリアの文化財保護チームの捜査官がオークションハウスのウェブサイトでこの本を見つけ、ページの1つに押された1991年の日付からローマの図書館のものであることを突き止めた。

ローマの捜査官がプフォルツハイムの捜査官に連絡し調査を開始。

ドイツの専門家は、この本がまぎれもなくノストラダムスの予言集の原稿で、ローマから密売されたものであることを突き止めた。

Stolen Nostradamus manuscript is returned to library in Rome https://t.co/0GehWn8TZh
— Guardian news (@guardiannews)
May 5, 2022
from Twitter

無事図書館に戻される

この原稿は5月2日、ローマの図書館に戻された。

イタリアの文化財保護チームは1969年に設立され、これまでに300万点以上の盗品を回収してきた。

2021年12月には、キム・カーダシアン・ウェストが手にするところとなった古代ローマの彫刻など、イタリアから盗まれてアメリカに密輸された約200点の古美術品が返還された。

References:Stolen Nostradamus manuscript is returned to library in Rome | Italy | The Guardian/ written byparumo

・あわせて読みたい→海外で再び注目を集めているノストラダムスの予言の解釈。今後数年以内に起こるであろう3つのこと

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加