実は、公暁(寛一郎)から実朝(柿澤勇人)の手を握るはずだった!? 「鎌倉殿の13人」第44回の舞台裏と今後の見どころ

実は、公暁(寛一郎)から実朝(柿澤勇人)の手を握るはずだった!? 「鎌倉殿の13人」第44回の舞台裏と今後の見どころ

  • ステラnet
  • 更新日:2022/11/25
No image

11月22日(火)に、東京ポートシティ竹芝ポートホール(東京・港区)で、BS4Kの魅力を伝えるイベント「NHK BS4K FUN! FUN! ミーティング ~ついてる?4K 押してる?4K~」が開催された。そのイベント内で、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」トークショーが行われ、源実(さね)朝(とも)役の柿澤勇人、公(こう)暁(ぎょう)役の寛一郎が登壇。第45回(11月27日放送)では、“鎌倉最大の悲劇”ともいわれる実朝暗殺が描かれることもあり、2人のトークを堪能しようと約260人の“鎌倉殿ファン”が集まった。早速、イベント直後の2人の声をお届けしよう!

▼トークショーの様子はこちらから
https://steranet.jp/articles/-/1163

——トークショーで、視聴者の反応を直接お目にしていかがでしたか。

柿澤 今回でトークショーは2回目の参加となりますが、「鎌倉殿の13人」が多くの方に愛されていることを実感でき、とてもうれしく思います。

寛一郎 僕も本当にうれしいです。お客さんの反応を直接見て、みんなが“アンチ公暁”ではないことを知り、安心しました(笑)。僕はお話をいただくまで正直、公暁のことを知りませんでした。資料も本当に少ないんです。だから三谷幸喜さんが書かれた台本を読んで、ものすごくイメージが膨らみましたし、演じられることにワクワクしました。

柿澤 三谷さんの人の内面を見抜く力ってすごいと思います。すっと台本の内容が入ってくるんですよね。「これどういう意味なんだろう?」というのがまったくなくて。読めば読むほど、実朝のことが大好きになりました。佐藤二朗さん(比企(ひき)能員(よしかず)役)も、「自分の役が本当に好きだ」とおっしゃっていて。みんな同じ気持ちだと思います。実朝役をまっとうできたことは、本当に幸せです。

No image

——第44回では、実朝と公暁が対面する緊迫のシーンがありました。

寛一郎 鎌倉殿が目下の人間に頭を下げるというのは、考えられないこと。その行動に、公暁はまず驚いたと思います。実朝と対峙したことで、公暁の心情はすごく揺れるんですよ。彼を許すか、それとも許さないか……。動きがない中、その心情を表現することは難しくもありましたが、楽しく演じました。

柿澤 実朝は、公暁が鎌倉殿を狙う理由を知って、一気に頭の中の霧が晴れたように思います。そして覚悟をもって、公暁のもとへと向かいました。『われらで力を合わせようではないか。この鎌倉をわれら源氏の手に取り戻す』という言葉にうそはありません。また、公暁のもとへ向かう前に、実朝は“あること”をしていたと僕は思います。第44回は、第45回とセットの回でもありますので、ぜひ、放送を楽しみにしていただければと思います。

寛一郎 実は台本には、「(公暁が実朝の)手を握る」というト書きがあったんです。ただ、公暁から手を握るというのはハードルがあるなと感じて……。演出の方と相談をして、実朝から公暁の手を握るようにしていただきました。

柿澤 そうですね。公暁の最後のセリフ「だまされるものか」は、スタジオで聞いていたので、「くそっ」と思いましたね(笑)。

——第45回の放送を多くの方が楽しみにされています。

柿澤 “鎌倉最大の悲劇”ともいわれる事件ですので、もちろんプレッシャー、緊張はありました。ですが、これまで積み上げてきたことを大事に、演じることができました。約半年、実朝を演じながら、もっと違うアプローチがあったかもしれないと、自分にダメ出しすることもありました。ただ、自分ができるかぎりのものは出し切りましたので、今、思い残すことはありません。

寛一郎 大河ドラマの終盤に、物語を大きく荒らすことへの緊張はありました(笑)。なるべくシーン順に撮影を行っていただいたので、クライマックスに近づいていることを実感しながら、演じることができました。僕もやれることを、精いっぱいやり切りました。

No image

——最後に、視聴者へメッセージをお願いします。

柿澤 これまでは、物語をかき乱す役を演じることが多く、受け身の役を演じることは少なかったんです。そして、こんなに応援され、愛される役を演じることも初めて……。視聴者の皆様の応援のおかげで、ここまでやってこられました。第45回の放送はもちろん、最終回の第48回まで、楽しんでいただけたらうれしいです。

寛一郎 各々の生きざまを見届けていただけたらうれしいです。それぞれが抱える思いは、必ずしも一貫しているわけではなく、アンビバレンスでもあります。BS4Kでの視聴が可能な方は、美しい映像と同時に、人物の心の中ものぞいていただけたらと思います。

第45回「八幡宮の階段」の放送は、11月27日(日) NHK総合 午後8時~。源実朝、公暁の生きざまをお見逃しなく!
▼第45回の見どころはこちらから
https://steranet.jp/articles/-/1139
▼連載「ちょっとマニアな“大河”の楽しみ方」教えます!では、
実朝と公暁について紹介!
「#44 公暁と実朝、運命の日」https://steranet.jp/articles/-/1113
「#45  実朝の最後の和歌」https://steranet.jp/articles/-/1140

ステラnet 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加