21世紀も20年が経過、MLBシーズン最高“〇率”は誰だ?~投手編~

21世紀も20年が経過、MLBシーズン最高“〇率”は誰だ?~投手編~

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/01/14
No image

インディアンスの25歳右腕シェーン・ビーバー

◆ 対戦数の少なさは投手優位に? 上位陣は過去10年に集中

21世紀(2001年~)のシーズン最高“〇率”を残した選手をランキング形式で紹介する本企画。投手編では「防御率」、「奪三振率」、「被打率」、そして「セーブ成功率」の4部門を取り上げた。

▼ 防御率
1位 1.63 シェーン・ビーバー(2020年)
2位 1.66 ザック・グリンキー(2015年)
3位 1.70 ジェイコブ・デグロム(2018年)

まずは王道の防御率だが、短縮シーズンの昨季シェーン・ビーバーの「1.63」が1位を獲得した。登板数は12試合だけだったが、15年にグリンキーがマークした「1.66」を僅かに上回った。過去20年で防御率1点台をマークしたのはのべ10人だけで、1人で2度記録したのはクレイトン・カーショー(2013年、14年)だけだった。

上位3人の中で異色だったのは3位のデグロム。「1.70」という優秀な防御率をマークしたにもかかわらず、10勝(9敗)しか挙げることができなかった。

▼ 奪三振率
1位 14.20 シェーン・ビーバー(2020年)
2位 13.82 ゲリット・コール(2019年)
3位 13.76 ジェイコブ・デグロム(2020年)

奪三振率トップも20年のビーバーで唯一の「14」超え。ここ数年は本塁打の増加に比例して、三振数も激増。この部門10位までのうち6例が過去2年で生まれている。

ちなみに4位が01年のランディ・ジョンソンがマークした「13.41」。打者優位の時代に生まれたこの数字は突出度では間違いなく1位といえるだろう。

▼ 被打率
1位 .159 トレバー・バウアー(2020年)
2位 .160 ディネルソン・ラメット(2020年)
3位 .167 シェーン・ビーバー(2020年)

被打率部門は3位までを2020年の投手が占めた。1位はバウアーで「.159」、2位はパドレスのラメット、3位がビーバーだった。3部門すべてで3位以内に入った昨年のビーバー。もしフルシーズン投げていれば、どのくらいの成績を残していただろうか。

ちなみに4位は、前田健太が昨年マークした「.168」で、5位にようやくフルシーズンを投げた19年のジャスティン・バーランダーが登場する。打者編では2010年までの選手が上位を占めたが、その後の10年間は投手優位の時代ということがよく分かる。

▼ セーブ成功率(40セーブ以上/20年は15セーブ以上)
1位 100%(55/55)エリク・ガニエ(2003年)
2位 100%(49/49)ホセ・バルベルデ(2011年)
3位 100%(47/47)ザック・ブリトン(2016年)
4位 100%(41/41)ブラッド・リッジ(2008年)
5位 100%(16/16)ブラッド・ハンド(2020年)

最後は、抑え投手の成績を取り上げたい。過去20年で、40セーブ以上マークした投手はのべ116人いた(20年は15セーブ以上)。そのなかで、セーブ失敗が1度もなく、セーブ成功率100%をマークした投手は5人に上る。

その5人をセーブ数の多い順に並べると、03年のエリク・ガニエがトップだった。02年から04年にかけて、メジャー記録の84試合連続セーブ成功を樹立するなど、打者優位の時代にクローザーとして強烈なインパクトを残した。

今回の投手編では、多くの項目で2020年の投手が上位に名を連ねた。コロナ禍でなければ、これらの記録も大きく変わっていたかもしれない。21年はフルシーズンを戦ったうえで、新たな記録が誕生することにも期待したい。

文=八木遊(やぎ・ゆう)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加