ロッテ・レアードV弾「1日1日しっかりした打撃を」3カードぶり勝ち越し

ロッテ・レアードV弾「1日1日しっかりした打撃を」3カードぶり勝ち越し

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

ロッテ対ヤクルト ヒーローインタビューを終え「すしポーズ」で笑顔を見せるロッテのレアード(撮影・小沢裕)

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ2-1ヤクルト>◇10日◇ZOZOマリン

ロッテが苦しみながらも、ブランドン・レアード内野手(33)の決勝弾で勝利し、3カードぶりに勝ち越した。

1-1の8回無死、ヤクルト清水のフォークをすくい上げ、左翼席へ15号ソロを運んだ。「1日1日しっかりとした打撃をしようという気持ちで取り組んでいることが結果に出ている」とお立ち台でファンに勝利の喜びを伝えた。

4回まではヤクルト先発サイスニードの前に無安打で、5回から7回はいずれも得点圏に走者を進めるも、得点ができなかった。前日9日も残塁が多かった。

試合後、井口資仁監督(46)はサイスニードについて「ホップ率が高い投手なので」と直球対策をミーティングでも指示したことを明かしたが「なかなか捉えきれなかったですね」と反省。球威に押される飛球が目立った。「1回しか対戦しないので、そういう意味では初回からもっと積極的に行かなくちゃいけないところ。どうしても(交流戦で)1巡目は(球を)見てしまっているところがあると思うので」と打線の現状を見つめ、11日からの巨人3連戦での勢いある攻めを促していた。【金子真仁】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加